おススメ記事
ハローワークの闇を大暴露

 

メガネ転職コンサル
こんにちは!
メガネ転職コンサルの池田です。
今回はハローワークの闇を大暴露というテーマで
お話をしていきたいと思います。
みんなは転職活動をするときに
ハローワークは使っていますか?
おそらく都内の人よりも
地方の人の方がよく利用していると思いますが
ハローワークは国が運営している機関だから
安心して使えるなんて考えていませんでしょうか?
もしあなたがそう思っているなら…
それはかなり危険です!
もしあなたがハローワークを使って
転職した場合この様なリスクがあります。
ハローワークで転職した場合のリスク
①雇用形態が違った
②仕事内容が違った
③給料が違った
④短期離職になってしまった など

 

つまりブラック企業に入社してしまい
転職失敗となるリスクが高くなります。

ですので今回は
必ず知っておかないとヤバイ
超危険なハローワークの闇を大暴露というテーマから
3つの章に分けて順番にお話をしていきたいと思います。
都内のハローワークを中心に話をしていきますが
地方のハローワークにも通じる所がありますので
ブラック企業に入らない様にして頂ければと思います。
またこの記事を読んで一人でも
ブラック企業に入社しなければ
ブラック企業の自然淘汰に繋がると信じ
この記事を書きましたので
ぜひ最後までご覧さい!

メガネ転職コンサル
結論!ハローワークは使わない方が良い!

外国人秘書
確かに良いイメージはないな…

ハローワークの闇 その①

ハローワークの求人はブラック企業の求人が多いです!

 

 

まずハローワークをちゃんと理解していない人も
いると思うので改めて説明します。

ハローワーク正式名称公共職業安定所とは
厚生労働省設置法第23条に基づき設置される「国民に安定した雇用機会を確保すること」を
目的として国が設置した行政機関となります。

日本では出張所も含めて544ヵ所設置され
年間で約550万人以上の求職申し込みがあります。
分かりやすく言えば…無料で使える日本最大の求人案内所となります。

ではなぜハローワークはブラック企業の求人が多くなるのか?
理由は…
企業が無料で求人掲載ができるからです!
どういう事か?詳しく話していきます。
一般的に企業が人材を採用するには下記の方法が有ります。
①自社サイト経由
②転職サイトや転職エージェント経由
③知人紹介経由
④ハローワーク経由
企業の理想的な採用方法は
お金が掛けずに良い人材を確保する事です。
しかしそれは求人数が多い現在
かなり難しいのが実情です。
ですので企業は仕方なくお金を掛けて
リクナビNextの様な求人サイトに求人を出したり
転職エージェントに依頼をして人材確保をしています。
ですが企業によっては…
求人掲載や転職エージェントに依頼ができない
採用に予算を掛けられない企業も有ります。
そして採用に予算を掛けられない企業は
ハローワークに求人を出して人材を確保をしています。
つまりハローワークの求人は
採用予算がない企業が求人を出しているとも言えます。
もちろん採用予算が無い会社=ブラック企業
という考え方は短絡的です。
しかし!現実的に…
人件費や広告費を確保ができない
=待遇の悪い企業が集まりやすいというのは事実で
ブラック企業にあたる確率が高くなります。
またこれは
都内の企業では当たり前の話ですが
それなりの企業であれば
そもそもハローワークに求人を出そうと考えません。
なぜならハローワークの人材は
レベルは低い人材が多いと思われているからです。
ハローワークで求人を出した場合
応募数が多く書類選考に時間を掛けた割に
良い人材を見つけられず
かなりコスパが悪いと考えている企業が多いです。
また2007年の10月から
厚生労働省が謎の雇用対策法の改正をし
年齢で採用を見送る事を禁ずる様になり
求人票に対象年齢を記載が出来なくなりました。
この法改正により
書類選考時点でのミスマッチは膨大に増え
より書類選考に時間が掛かる構図となってしまいました。

メガネ転職コンサル
よって!
ある程度ちゃんとした企業は
ハローワークでは求人を出しません。
採用予算がないブラックの可能性が高い企業が
ハローワークに求人を出している傾向が強く
ハローワークの求人=ブラック企業の求人が多くなっているという事です。

ハローワークの闇 その②

求人票に嘘が多い!
前章で説明をした通り
ハローワークに求人を出している企業は
ブラック企業が多い傾向になる構図は
分かって頂けたかと思います。
更に!ブラック企業に応募をしてしまう理由の一つに
求人票が嘘だらけというトラップも有ります。
ではなぜ行政機関が運営する
ハローワークに嘘の求人が出てきてしまうのか?
理由は…国から求人数を確保しろと指示されているからです。
どういう事か?順番に話をしていきます。
知らない人も多いと思いますが…
ハローワーク職員も企業に求人を出して欲しいと
お願いをしている立場にあります。
ですのでハローワークと企業では
パワーバランスとして企業の方が上となります。
この様なパワーバランスとなっている為
ハローワークも求人票に虚偽が無いかチェックをしていますが
求人を出して欲しい弱みもある為
強く企業に踏み込めないという事情も有ります。
また国はハローワークに求人を開拓しろと指示しており
一生懸命求人開拓を行っていますが
その開拓してきた求人を
チェックする職員が明らかに足りていないの実情です。
事業所によっては年間新規求人8万件に対して
職員がたった25人しかいないという所も有りました。
これだけの求人数を
一件一件詳しく調査する事は不可能です。
こちらの資料をご覧ください。
これは厚生労働省が発表をしている
求人票の記載内容と実際の労働条件の相違に係る申出
つまり求人票への苦情の件数です。
年々件数としては減ってきていますが
おそらくこれは氷山の一角で
実際に泣き寝入りをしている人も含めると
僕は2~3倍くらいになると予測をしています。
またなぜ国がハローワークに求人獲得をしろと言っているか?
これが諸悪の根源だと僕は考えていますが
理由は…有効求人倍率を上げたいからです。
求人倍率は経済指標の一つとなり
「求人倍率が高い社会は企業が多くの労働者を求めている」
つまりそれだけ経済に活気があると考えられているんです。
ですので国は求人倍率も上がっているし日本経済は伸びているんだよ!
と数字を持って言いたいんです。
改めてここでストーリーを要約すると…
①国は求人倍率が上げて日本経済は伸びていると発信がしたい
②国は求人倍率を上げるためにハローワークに求人獲得を指示する
③目標数を達成できなかった場合、地方移管される恐怖も有りハローワーク職員が求人開拓を頑張る
④求人獲得したものの求人票をチェックする職員が極端に少なく、企業に強く言えない為嘘の求人票が掲載される
⑤嘘の求人票を信じブラック企業に入社する人が出てきてしまう

メガネ転職コンサル
この様な背景があるため
僕は求人倍率はあてにならないと考えています。
そして、これが現在のハローワークの実態です。

ハローワークの闇 その③

相談員の対応が悪くレベルが低い!

もちろん素晴らしい相談員さんも居ます。
ですがハローワークの相談員の対応が悪いというのは
非常に有名な話です。
具体的には…
・上から目線で馬鹿にされている様に感じる
・なぜか説教される
・そもそもの態度が悪い など
この様な悪評はネットで調べれば
かなり多く見られます。
正直これはもうどうしようもない事です。
これは僕の提案ですが
なぜハローワーク職員の態度が悪いのか?を理解をして
少しでもこちらが気を立てない様にするかを考えた方が得策だと考えます。
ですので僕が考える
ハローワーク職員の態度が悪い理由3つをお伝えしたいと思います。
①お役所仕事の為やる気が無い
②転職したことがなく知識がない為話ができない
③ハローワーク求職者を心の底から見下している
ハローワークは国営なので
1/3が公務員で残りの2/3は契約社員とアルバイトの非正規雇用です。
当然、転職エージェントの様なノルマも競合もないので
潰れる事も有りません。
人間は元々怠けてしまう生き物です。
こんな状況だったらある意味
やる気がなくなってしまうのは仕方ない事かもしれません。
また全員がダメな相談員だとはもちろん言いませんが…
転職のリアルな情報提供、転職アドバイスというのは
ハローワーク職員の方には難しいんじゃないかな
と僭越ながら思っています。
そして特に公務員から見れば
ハローワークに来る人を相当下に見ているのではないのかな?と
つまりストレートな表現をすると
完全に馬鹿にしているので敬意のある対応ができないのでは?
と想像しています。
正直言うと…
こういう人に転職相談員みたいな仕事はして欲しくないのですが
お役所仕事なので仕方ないのかなとも思っています。
またもしどうしても許せない対応をされたら
ハローワークに苦情を入れるのではなく
その上の各都道府県の労働局や厚生労働省に連絡をしましょう。
念の為参考のサイトを記載をしておきます。

メガネ転職コンサル
この様にもしあなたがハローワークに行って
相談員が失礼な態度を取ってきたら
それが当たり前なんだと捉え
気を立てずに上手く使ってやりましょう。
ハローワークはそういう所なんです。

僕が一番伝えたい事…

いかがでしょうか?
まずは復習をしていきましょう。

 

ハローワークの実態は…
①ブラック企業の求人が多い
②求人票に嘘が掛かれている事が多い
③相談員はあてにならない

今回はこの3点について詳しくお話をさせて頂きました。

 

 

今回は主に都内のハローワークをイメージして話してますので
地方のハローワークは都内よりは良い環境と思います。

 

 

しかし制度としてはどこのハロワークも変わりませんので
少なからずこういう側面もある事を忘れずに行った方が
ギャップが少なくなるので良いのかなと思います。

 

 

 

地方の人の場合は
まだまだ他のメディアが弱い事
企業もハローワーク頼りにしている所も有りますが…

 

 

もしあなたが都内近郊に住んでいるなら
ハローワークは僕は使わない事をおススメします。

 

 

もちろんハローワークにも優良求人が有ると思いますが
しかしそういう求人は倍率が非常に高くすぐに埋まります。

 

 

じゃあ転職サイトや転職エージェントでは
ブラック企業の求人が全くないのかよ?
と聞かれたら残念ながらブラック企業の求人も有ると思います。

 

 

ですが確率で言えば
ハローワークよりも転職サイトや転職エージェントの方が
ブラック企業の求人は少ないです。

 

 

なのでぜひ求人サイトや転職エージェント経由で
まず転職活動をしてみて
それでも見つからなければハローワークを使うと言う様に
ハローワークを最終手段として考えるのが良いと思います。

 

 

ぜひ参考にして
ブラック企業に入社しない様にしてください。

 

 

一人でもブラック企業に入社しなければ
自然とブラック企業は淘汰されていくと思いますので…

 

 

自分の為だけでなく周りの人の為にも
そして次の世代に「仕事は楽しい」と伝えられる様に
少しづつ変わっていければと心から願っています。

 

 

ぜひ参考にしてください。
お疲れ様でした!
この記事があなたの良い転職に繋がりますように…

 

おすすめの記事