おすすめ記事
【2022年最新版】衰退してしまった業界3選

メガネ転職コンサル
転職で未来をハッピーに!
どうも、メガネ転職コンサルの池田です。

外国人秘書(ジェシカ)
こんにちは!
秘書のジェシカです。

2022年最新版の衰退した業界3選
というテーマでお話していきたいと思います。

 

メガネ転職コンサル
あなたはこれから転職したい業界の動向はチェックしていますでしょうか?
もしあなたが転職したい業界が衰退していると知らずに入社してしまった場合
あなたのキャリアが意図せず汚れてしまう可能性があります。
そうならない様にこの記事を読んで頂ければ…

この記事を読むメリット

  1. あなたが転職したい業界が衰退しているかが分かります
  2. 衰退をしている業界がどこなのかを知ることができます
  3. あなたの良い転職ハッピーな未来に繋がります

 

メガネ転職コンサル
これから衰退する業界というテーマの記事はいくつも出していましたが
今回は2021年最後の月ということで
2020~2021年に衰退してしまった業界について解説をしていきたいと思います。

 

つまりコロナの影響を強く受けた業界とも言えるので転職活動している人はぜひ参考にしてください。

 

無料プレゼント中

なおLINE登録をすると良い転職をするための
講義動画(5日間)を期間限定で無料プレゼントしています。
興味のある方は、期間限定なのでお早めにご登録ください♪

 

メガネ転職コンサル
なおこれは僕の個人的感想ではなく業界動向サーチさんという
サイトが発表したランキングを基に僕の業界予測も交えて話します。
いま転職活動頑張っている人はぜひご覧ください。

外国人秘書(ジェシカ)
2021年で衰退した業界かぁ…
コロナの影響を受けている業界は色々あるけど
どこの業界の話になるかな?
この転職情報サイトは…

・転職コンサルタント歴10年目、面談人数2500人以上、担当企業300社以上、
・個別有料転職コンサルティング
・月間7万PVを越える転職情報サイトを運営
・転職本の出版
・総合会員数400名以上が参加する転職のオンラインサロンの運営
・完全指名制オンライン転職相談サービスの運営
そして現在独立、起業をして株式会社グローリーフューチャーを経営している僕が転職にまつわる情報を配信している転職情報サイトです。

 

2021年衰退した業界①:レジャー施設業界

メガネ転職コンサル
衰退した業界一つ目は…レジャー施設業界です。
業界動向サーチさんのランキングではレジャー施設業界は
全181業界のうち178位とワースト4位に位置していました。

レジャー施設業界とは

ディズニーランド、USJ、ラウンドワン、ゴルフ場、水族館などこの様な業を指します。
レジャー施設業界の現状を見てみると…
ここ数年『コト消費』の広がりを受け、レジャー市場は好調に推移してきましたが
コロナの影響を強く受け2020年の遊園地・テーマパークの総売上高は
前年比63.3%減の2,638億円、入場者数は同60.5%減の3,138万人となりました。

外国人秘書(ジェシカ)
この下がり幅は相当厳しいね…!
予想していた以上かも。

メガネ転職コンサル
本当に厳しい状態だよね。
ではレジャー業界の今後どうなっていくか?
僕の予測は…厳しい状況が続くと予測をします。

レジャー業界が厳しい理由

  1. コロナ長期化リスクが高い
  2. インバウンド需要減少
  3. 人口減少
  4. 少子高齢化
  5. 娯楽の多様化

メガネ転職コンサル
この5つの理由はどの業界でも該当する懸念だと思いますが
レジャー施設業界は特に大きな影響を受けると考えます。
そして、おそらく2023年に回復しますが、そこから徐々に衰退していくという予測です。

反面、ポジティブな未来予測を考えてみると…

  • GoToイベントの実施
  • Gotoトラベルの実施
  • リアルエンタメ魅力の再認識
  • 働き方改革推進による影響

メガネ転職コンサル
この様な観点でポジティブに考えることができますが
やはり根拠として弱くポジティブに考えるには少し強引だという印象です。

外国人秘書(ジェシカ)
申し訳ないけど、確かにこの予測だとあまり期待できないかも…

メガネ転職コンサル
そうだよね。もちろんこの様な厳しい状況の中でも
回復・成長していく会社も出てくると思いますが
業界全体で見た時には衰退すると僕は考えているよ。

 

以上の事から
衰退した業界一つ目は…レジャー施設業界となります。

2021年衰退した業界②:旅行業界

メガネ転職コンサル
衰退した業界二つ目は…旅行業界です。

 

業界動向サーチさんのランキングでは旅行業界は
全181業界のうち180位というワースト2位に位置していました。

メガネ転職コンサル
まず旅行業界の現状を見てみると…
旅行業界の主要企業のランキングではエイチ・アイ・エスが前年比46.8%減、JTBが前年比71.1%減となります。
次に旅行業界の要の訪日外国人旅行者数ですが2019年までに好調に増加していたインバウンド需要から成長をしていましたが
コロナの影響で訪日外国人旅行者や日本人の海外旅行者数が大幅に減少し旅行業界は甚大な被害を受けました。
2020年の訪日外国人旅行客数は前年比87.1%減の411万人となります。

外国人秘書(ジェシカ)
申し訳ないけど…ほんと厳しいね。

メガネ転職コンサル
…そうだね。
では旅行業界の今後どうなっていくか?

僕の予測は…厳しい状況が続くと予測をします。

旅行業界が厳しい理由

  1. コロナ長期化リスクが高い
  2. インバウンド需要減少長期化
  3. 人口減少

メガネ転職コンサル
特に重要なポイントは訪日外国人旅行者数です。

このグラフを見て分かる通り訪日外国人や日本人の海外旅行者数は2020年4月以降
低水準で推移しており、
海外旅行の需要は壊滅状態が続いています。
さらに本格的な渡航制限解除の動きは見通しが立っていません。

 

反面、旅行業界のポジティブな未来予測

  1. GoToトラベルの実施
  2. 2025年大阪・関西万博開催
  3. ウィズコロナ定着による国内旅行の回復

メガネ転職コンサル
この様な観点でポジティブに考えることができますが
やはり根拠として弱くポジティブに考えるには少し強引だというのが本音です。

外国人秘書(ジェシカ)
確かにね。これはレジャー施設業界の時と同じ感想だね。

メガネ転職コンサル
そうだね。僕も旅行は大好きだから頑張って欲しいんだけどね!
マクロで見た時にはやっぱり厳しいという結論になるね。

 

以上の事から
衰退した業界二つ目は…旅行業界となります。

2021年衰退した業界③:航空業界

メガネ転職コンサル
衰退した業界三つ目は…航空業界です。

 

航空業界は業界動向サーチさんのランキングでは
全181業界のうち180位というワースト1位に位置していました。

メガネ転職コンサル
まず航空業界の現状から見ていきましょう。
2020年(2021年決算)の航空業界各社のランキングによると
首位はANA HDで売上高7,286億円(前年比63.1%減、1兆2,456億円減
2位は日本航空で売上高4,812億円(前年比65.3%減、9,047億円減)でした。
5社いずれも50~60%の減収で、5社とも最終赤字を記録しています。
国土交通省の航空輸送統計調査によると2020年の国内線の旅客数は
前年比66.9%減の3,376万人、国際線は96.2%減の81万人
でした。

メガネ転職コンサル
では航空業界の今後どうなっていくか?
僕の予測は…回復し堅調になると予測をします。

外国人秘書(ジェシカ)
おお!ようやくポジティブな意見が出たね!

メガネ転職コンサル
そうだね。なぜ堅調に進むかというと
理由は航空事業以外の事業展開の可能性があるからだね。

重要POINT!!

もちろん前章・前々章で紹介した通り…
  1. コロナ長期化リスクが高い
  2. インバウンド需要減少長期化
  3. 人口減少

この3つの懸念を航空事業も大きく影響を受けると思います。

メガネ転職コンサル
しかし、航空業界はコロナが落ち着いた後でもこのコロナ禍で航空事業以外の事業展開ができれば
あらたな事業として飛躍していく可能性があると考えます。
実際に、大幅に落ち込んだ旅客需要を補うため航空各社が注力しているのが国際貨物事業
コロナ禍で需要が高まる電子部品や半導体、自動車、医薬品や医療機器などの国際輸送の需要が高まっています。
こちらのグラフは航空首位のANAの国際貨物重量の月次推移を示したもので
2020年半ばから2021年にかけて順調に増加しており、
2021年はコロナ前の2019年の貨物量を上回る水準で推移しています。
ANAは戦略的に貨物量を増やす予定で、2021年度には2019年度の1.9倍の1,970億円を見込んでいます。

他にもこのコロナによる苦しい局面を乗りえるために!

  1. JALは成田をハブとしたLCC戦略を始動
  2. 旅客データ資産を活用したプラットフォーム事業の構築
  3. ANAがアジア地域の経済成長の場をカバーするために訪日需要を対象とした「第3のブランド」の立上げ・運行など

 

つまりコロナがあったからこそ生まれたビジネス展開が
航空業界には期待ができそうだという考え方です。

メガネ転職コンサル
もちろんコロナとがどうなるかで話も変わっていくと思いますが
そこまで非現実的な楽観的予測ではないと僕は考えます。
(正確には期待したい!)

外国人秘書(ジェシカ)
本当だね。頑張って欲しいね。

以上の事から
衰退した業界三つ目は…航空業界となります。

僕が一番伝えたいこと

メガネ転職コンサル
はい、いかがででしょうか?
まずは復習をしていていきたいと思います。

 

2021年衰退した業界3選

  1. レジャー施設業界(178位/181業界)
  2. 旅行業界(180位/181業界)
  3. 航空業界(181位/181業界)

※業界動向サーチさんのランキングから引用

メガネ転職コンサル
そして僕が一番伝えたいことは…
衰退している業界だったとしても
希望している業界だったら諦めないで欲しいということです。

 

もちろん衰退業界に転職する事は難易度が高く様々な局面で苦しい事も多いと思います。
しかし、だからこそチャンスもあります。

例えば

  1. ライバルが少ないため未経験転職がしやすい
  2. 厳しい状況だからこそ大きな成功体験が作れる
  3. 厳しい局面から新しいビジネスが生まれる など

この様なメリットも有ります。

メガネ転職コンサル
ですので、もしあなたが志望している業界が衰退業界として紹介をされていたとしても
あなたがチャレンジしたいことなのであれば諦めないで欲しいです。
実際にこの業界に従事している人もなんとかこの危機を乗り越えようと
色んな工夫をして一生懸命頑張っています。

 

ですが、もしこの業界に転職をすることを諦める。
もしくはこの業界に従事しているけれども転職を考えている。
そういう人たちを否定するつもりもありません。
実際にこの業界に勤めている人たちの転職サポートも多く行っています。

メガネ転職コンサル
僕の話がチグハグに聞こえるかもしれませんが、衰退していても希望の業界なら覚悟を持って頑張って欲しい。
業界に従事していて方向転換して転職活動を頑張ってる人も応援したい。
この様な気持ちです。
転職情報をもっと深く学びたい人は下記をご覧ください。
  • 今だけ無料の転職成功の講義動画(5日間)は→こちら
  • 僕が書いた書籍は→こちら
  • 僕への個別転職相談は→こちら
  • 僕が運営する転職サロンは→こちら
  • 僕が行っている転職セミナーは→こちら
  • 僕のオンラインショップは→こちら
  • 僕がおすすめする大手転職エージェントは→こちら
  • 僕がおすすめする第二新卒向け転職エージェントは→こちら

メガネ転職コンサル
この様なネガティブな話は本当に心が痛みますがそうも言っていられません。
自分の身は自分で守らなければならない時代です。
一緒に頑張っていきましょう。
お疲れ様でした。下記記事も参考になると思いますので合わせてご覧ください。
おすすめの記事