おススメ記事
入社3年以内の転職は不利になるのか?

こんにちは!
世間的に言われている石の上にも3年。
転職でもよく使われますが…

 

入社3年以内の転職は不利になるのか?
こちらの真実について話したいと思います!

 

 

転職をしたいと思っているけど
まだ入社3年に満たない方。
ゆくゆくは転職をしようと思っている方。
この様な人に役立つ内容となっていますので
是非参考として頂ければと思います。

外国人秘書
3年経タナイト転職デキナインダロ?

そう思うよね?
詳しく解説するよ!

入社3年以内の転職は不利になるのか?

 

一番大切な事は
在籍年数ではなく
現職でどれだけの実績を作れたのか?
こちらが非常に重要となります!

 

企業としては
現職での在籍期間が長かろうか短ろうが
そんな事はどうでもいいんです。

 

企業が採用したい人材は
長期間戦力となってくれる人材です。
現職が長くてパフォーマンスを出せない人よりも
現職が短くてパフォーマンスを発揮してくれる人材を
好む傾向が強いのです!

 

ですので。
在職期間3年経たないと
転職できないという事ではありません。

 

ただ…
在職期間も短いし
まだ何も実績を作れていない!
という事であれば。

 

現職でもう少し経験を積んで
誇れる実績を作った方が理想的です。

 

そうする事で。
書類選考や面接での自己PRも
上手に伝えられ
自信を持って話ができるので
良い転職に繋げやすいです。

 

転職できる在籍期間

3年勤める必要はありません。
ですが最低でも1年。出来れば2年勤めた方が転職しやすいです!

 

例えば
在籍期間半年間で
大きな実績を作ったとします。

 

その実績を企業はどう判断するのか?
これは。
「まぐれだったんじゃないか?」
「再現性ないのでは?」
と判断されてしまう可能性が有ります。

 

ですので。
最低1年以上は務めて
実績を作れればよりベターです!

 

在籍期間が短いとどんな所に影響が有るのか?
まずは一発目の選考。
書類選考が通過しづらくなります。

 

いくら優秀な人材で合っても
1次面接で会って話が出来なければ
内定はもちろん出ません。

 

つまり。
繰り返しとなりますが
最低でも1年以上は務めないと
自己PRの説得力
書類選考通過率が悪く会ってさえもくれない
という状況になりますので
今転職を考えている方はそういう意識を持って頂ければと思います。

 

在籍期間よりも重要なこと

内定獲得する為に重要な事は
在籍期間よりも面接での自己PRです!

 

というのも。
いくら書類通過率が高くても
面接で自己PR出来ない人は
内定獲得には至りません。

 

逆に言えば!
書類選考率は悪くても
面接での自己PRがうまくできれば
内定獲得はできます。

 

もちろん理想は
書類選考通過率が良くて
面接での自己PRが出来る人です。
それは当然です。

 

何が言いたいかというと…
在籍期間が短かく
書類選考通過率が悪くても
しっかりと実績を作り
面接で自己PRが出来れば
内定が取りやすく
良い転職に繋がる確率が増えるという事です!

 

現職でどんな実績を作ったか?
応募企業でどの様に貢献できるのか?
企業からこの人に来てもらえたら活躍してもらえそうだと。
どれだけ思ってもらえるか。

 

 

在籍期間が短かったとしても
この点をちゃんとアピールできるかが
非常に重要という事です!

 

僕が一番伝えたい事…

いかがでしたでしょうか?
下記3点が大枠のまとめとなります!

 

本記事のまとめ
①在籍期間よりも実績が大切
②最低でも1年以上は務めよう
③在籍期間ではなく面接での評価が重要

 

この3点を意識して頂ければと思います。

 

今回は在籍期間という軸で話をしましたが…
今のあなたの業務が
あなたが今後やっていきたい方向なのか?
改めて考えてみてください。

 

 

もし今の仕事が
あなたのやっていきたい方向性とは
違うのであれば
無責任な言い方になりますが
早々に転職をする事を強くおススメします。

 

 

なぜならば。
あなたが今やっている仕事が
やっていきたい方向性と違うのであれば
在籍期間というレベルの話ではなく
無駄な時間を過ごしている事になるからです。

 

最悪。
やっていきたい方向性とは違うキャリアが
出来上がってしまい
希望している仕事への転職が
出来なくなる可能性があります。

 

 

ですので。
この様な状況でこの記事を読んでいるのであれば
在籍期間という話ではなく
早めに転職活動をした方が良いですよ!

 

お疲れ様でした!
あなたの良い転職に繋がります様に。

 

オススメ関連記事

おすすめの記事