おススメ記事
最終面接前の重要な対策ポイント5選

こんにちは!
明日はいよいよ最終面接だ!
と面接対策をしようと思ったけど…

 

最終面接前の面接対策って何をすれば良いのか?
今までと同じスタンスで良いのか?
最終面接で失敗したくないし…
悩みますよね?

 

という事で今回は
最終面接前の面接対策という事で
お伝えをしたいと思います。

是非、参考にして万全で最終面接に臨んでください!

 

STEP1:最終面接で〇〇%落ちます

最終面接で50%落ちます!

外国人秘書
ソンナニ落チルノカ!?

最終面接って最終確認みたいなモノでしょ?
と思われている方多いですが…
ほとんどの企業がガッツリ選考します。

 

そして…半分は落ちます。

 

ですので、最終面接では確認位だろうと
楽天的に考えず
むしろ今まで以上に面接対策をしっかりと行ってください。

 

まずこの意識を持つ事が重要です!

STEP2:入社意欲で〇〇を伝える!

最終面接こそ入社意欲を熱く語ってください!!

 

最終面接ではおそらく代表や取締役の方々など
経営層に出席して頂く形となります。

 

代表や経営層が中途採用で欲しい人材というのは
ウチの会社でどれだけ長く貢献してもらえるか?
という観点で見られます。

 

そこを測るのは…
やっぱり志望動機と熱意なんです。

 

即戦力だけでなく
会社に対して愛着をもって貢献してくれるかどうかは
熱意でしか計る方法がありません。

 

ですのでもう一度。
今まで面接で話してきた志望動機を
より納得感有る様に
肉付けをしてください!

 

面接を受ける前よりも
面接受けた後の方が
志望動機をより明確に作れると思いますので
繰り返しますが怠らずにブラッシュアップさせてください!

 

また一つ注意点として。
1次面接と2次面接で話した志望動機を
最終面接だからと言って
大きく変えないでください。

 

あくまで肉付けするという感覚で
変更するのは問題ありませんが
軸を変えるのはダメです。

 

なぜなら一貫性が無い様に見えるから。

 

面接で一貫性が無いと判断されてしまうのは
大きなマイナスです。
この点気を付けましょう!

STEP3:〇〇〇〇に共感している事をアピールしよう!

企業の経営理念に共感した事をアピールしましょう!

 

1次面接や2次面接では
経営層の方よりも
実際に業務を行う現場マネージャー達が
面接に出席してしています。

 

つまり即戦力を期待されて
1次、2次面接を通過出来たのです。

 

最終面接では即戦力だけでなく
会社の指針に合う人材か?
見られます。

 

つまりSTEP2で説明した
長く勤めてもらえるか?という点を
経営方針に共感した話をする事で
「同じ想いを持っている人ならすぐに辞めないだろう!」と
安心してもらえるというメリットがあります!

 

注意点としては
あくまで経営方針に共感していないのに
嘘をついて共感したと話すのはやっちゃダメ。

 

本音で共感した経営方針を膨らませて
話しましょう。
でないと入社した後辛くなります。

 

もし志望度が高い企業で
経営方針にまったく共感できない場合。
転職してもアンマッチングになる可能性が高いので
あまりにも共感できない場合には
辞退するのも有りです。

 

それ位の気持ちで経営方針への共感は重要ですので
そういう意識で再度HPを確認しておきましょう!

 

そして
①何の経営方針に惹かれたのか?
②なぜ惹かれたのか?
③その方針にまつわる自分のエピソードを話す。

 

この3段構えで
経営方針に共感した事を話すと
より好印象に伝えられますので
是非活用してください。

 

STEP4:〇〇〇〇に整理しておきましょう!

キャリアビジョンを整理しておきましょう!

 

キャリアビジョンと聞くと
何だかすごく高尚な印象を受けますが
要は…
5年後、10年後自分がどうなっていたいか?
をイメージする事です。

 

キャリアビジョンを考える際の注意としては
あくまで今回の応募企業内でのキャリアビジョンを
考えてください!

 

明らかに応募企業では叶えられないキャリアビジョンを
話してしまうと企業から
「それはウチでは叶えられないから
すぐに辞めてしまうかもな…見送りで!」
となりかねません。

 

ですので
必ず応募企業でのキャリアビジョンを
考えて話をしてください。

 

自分の今後のキャリアビジョンと
応募企業でのキャリアップに大きな乖離が有る場合は
そもそもアンマッチングかもしれません。

 

そこを確認をする為にも
キャリアビジョンを整理する意味は大きいです!

STEP5:やっぱり〇〇は準備しましょう!

面接の最後に質問ありますか?
と聞かれると思いますので必ず準備をしておきましょう!

 

1次面接でも2次面接で
既にたくさん質問したから
聞くことないよ!と思われるかもしれません。

 

ですが聞くポイントが最終面接では
変わってきます!

 

1次面接、2次面接では
現場に近い方が面接に出席をしてくれたと思いますが
今回は経営層が最終面接に出席をします。

 

経営層の方には現場感のある
具体的な質問というのは
「それは我々は答えれれないよ!」
と空気を悪くする可能性が有ります。

 

ですので、今後の経営方針に関わる質問を
最低でも1つは準備をしておきましょう!

 

聞くポイントとしては
なぜその質問をするか?
という問いに答えられる様にしてください。

 

これは最終面接に限った話ではありませんが
最後の質問をする際に
「その質問なぜするの?」という問いに
答えれれない人が多いです。

 

必ずその質問をする意味を
答えられる質問をしてください。

 

面接だから
とりあえず質問をしていると見られるのが…
一番印象悪いですよ!!

僕が一番伝えたい事…

いかでしたでしょうか?
今お伝えした5点を最終面接前に必ず準備してくださいね。

 

最終面接は立場が上の方々が出席するので
緊張をすると思います!
これは防ぎようがないです。

 

ですので。
緊張するのは当然だと受け入れて
いつものアナタの良さが出る様に
しっかりと準備をして
リラックスして。
せっかくなので楽しんで。
面接に挑んでいただければと思います!

 

 

お疲れ様でした!
あなたの良い転職に繋がります様に。

 

オススメ関連記事

おすすめの記事