おススメ記事
【保存版】転職に役に立たない人気資格3選|おすすめしない資格

 

 

 

メガネ転職コンサル
こんにちは!
メガネ転職コンサルの池田です。
今回は転職に役に立たない人気資格3選というテーマで
お話をしていきたいと思います。
今はコロナの影響もあり
転職市場も厳しくなっている事から
転職活動ではなく資格取得を頑張ろうと
思っている人も多いと思います。
しかし、ここで注意しなければいけないのが…
その資格はあなたにとって本当に必要ですか?
という事です。
ここでは詳しく語りませんが
資格ビジネスというのは…
闇が多く非常に搾取的な利益構造になっています。
こんな変化が激しい時代だからこそ…
お金と時間と労力をどこに使うかを
真剣に考えなければかなり損をする事になります。
また2019年12月にアップにした
転職に役に立たない国家資格3選という記事が
賛否両論な内容ではありましたが非常に好評でした。
ぜひこのシリーズを続けて欲しい
というメッセージも多く頂いていた事から
資格取得が活発になったこのタイミングで
今回はお話をさせて頂ければと思い記事を書いています。
この記事が役立つ人
・これから資格取得をしようと考えている人
・いま資格取得を頑張っている人
・何の資格を取ろうか迷っている人
この様な人には特に参考になり
この記事を読んで頂ければ…
無駄な資格取得の時間を減らし
良い転職とハッピーな人生になりますので

ぜひ集中してご覧頂ければと思います。
僕は基本的に資格不要論派の人間ですが
あくまで転職に役立つかどうかという視点で
役に立たない人気資格を3つ紹介をしていきます。

おそらくこの記事も賛否両論で批判の声が沢山集まり
紹介する資格を取得した方には申し訳ないですが
それでも僕が本当に皆さんに伝えたいコトなので
批判覚悟で話をします。

メガネ転職コンサル
僕は…自分の意見を貫くよ!

外国人秘書
これ以上、アンチ増やすなよ!

役に立たない人気資格 ①:マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

役に立たない人気資格1つ目は…
マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)です。

 

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)がどんな資格か
知らない人も居ると思うのでここから説明をします。

 

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)とは
Excel、Word、PowerPoint、outlook、Accessなどの
マイクロソフトの「Office(オフィス)」というパソコンソフトの
利用技術を証明する民間の認定試験です。

 

つまりオフィスの各ソフトについて正しく一定レベル以上の操作方法を
マスターした人という証明になる民間資格となります。

 

ではなぜマイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)
役に立たないのか?

理由は…レベルも価値も低い資格だからです。

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)は人気の資格で
事務やアシスタント業務をやりたい学生や
事務の派遣社員を目指す人であればアピールになるかもしれません。

しかし、この資格を取ったからといって
転職できるという価値の高い資格ではありません。

 

この資格で学習する内容は
ExcelやWord等の特定のソフトの使い方のみの為
使い方なら入社後に短期間で覚えられる内容です。

 

つまり実際に業務をしている人からすれば
マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)= レベルが低い資格という認識です。

今はExcelやWordを使える人は多く
マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)を
取得するのを奨励している企業はありません。
入社前教育としてマイクロソフトオフィススペシャリスト取得を
勧める企業もありません。

メガネ転職コンサル
位置づけ的には国家資格のITパスポートと同じ扱いで
実践的ではない低レベルな資格の為
社会人よりも就活を控えた学生の受験者が多いのが現状です。

外国人秘書
MOSって結構良いイメージ有ったけど…
そうなんだなぁ。

 

それに加え受験料が高く一科目
一般レベルが 10,780円(税込み)
上級レベルが 12,980円(税込み)と
他の民間資格と比べるとかなり高額です。

 

仮にWord、Excel、PowerPoint、Access、Outlookの5つ全てを
一般レベルで受験すれば約5万4千円掛かる計算です。

 

重要POINT!!

更にここが上手にできていて…
ソフトがバージョンアップしたら
そのバージョンに合った試験に合格しないと効果が薄れてしまうため
その度に試験を受けて高額な受験料支払う必要があります。

 

これは企業側目線で見れば資格ビジネスとしては大成功です。
しかも名前がマイクロソフトオフィススペシャリストという事で
いかにもスペシャリストで専門性が高い印象を持たせますが
純粋な人は価値を分からず受験する人が多い資格です。

 

この様にマイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)について
僕が伝えたいコトは…
もしあなたが学生や派遣事務を狙っていないなら
高額で価値が低く転職の役に立たない資格なので
ぜひ名前に騙されず改めて考えて頂ければと思います。

役に立たない人気資格 ②:産業カウンセラー

役に立たない人気資格2つ目は…
産業カウンセラーです。

 

産業カウンセラーがどんな資格か?
ココから説明します。

 

産業カウンセラーとは…
心理学的手法を用いて働く人たちが抱える問題を自らの力で解決できるよう援助する心理職資格です。
「メンタルヘルス対策への援助」「人間関係開発への援助」「キャリア開発への援助」の3つを活動領域とし
日本では民間の心理学関連資格は多数存在するがその中で産業カウンセラー資格は知名度の高いものの一つ
Wikipediaから引用

 

つまり簡単に言うと…
労働者が職場で日々感じる悩み事や
心配事などのストレスを少しでも緩和して良い方向へ導くための
相談役になる為の知識がある
という証明の民間資格となります。

 

ではなぜ産業カウンセラーが役に立たないのか?
それは…時間が掛かり高額の割に活かせる仕事が無いからです。

 

産業カウンセラーの資格を取得しても就職・転職の役に立ったり
キャリアアップにつながって給与がアップするのはほとんど期待できません。

 

実際にIndeedで産業カウンセラーで
キーワード検索をしてみると…

産業カウンセラーで検索した結果
・介護職員(正社員)
・精神科医療コンシェルジュ(バイト)
・占い師/カウンセラー(バイト)
・大学生向け就活アドバイザー(バイト)
・チャットカウンセラー(バイト)
・ハローワーク職員の相談員(バイト)

 

この様な求人の「持っていれば尚可」の欄に入っている資格です。

現実的にカウンセラーの資格を取得しても
直接的なメリットはないですがカウンセラーとしての知識が広まり
自身の成長という意味では価値は有ります。他にも所属する企業で人事部の責任者や
社員と定期的に面接をおこなう管理職になった場合には
役に立つはずです。

しかし、もしあなたが本当にカウンセラーとして
独立や転職をしたいのであれば
臨床心理士か精神科医でない限り成功するのは難しいと言えます。

メガネ転職コンサル
なお臨床心理士か精神科医を目指す場合
大学院卒で最低でも6年間は心理学について学ぶ必要があります。

外国人秘書
6年も掛かるのか!
でもそれだけの時間を掛けないと
資格は価値がないもかもね。。。

更に産業カウンセラーの資格費用はかなり高額です。

 

産業カウンセラーの資格を取得するには
日本産業カウンセラー協会が開催する「産業カウンセラー養成講座」を
修了して受験資格を得なければなりません。

 

この養成講座は6か月も掛かり値段は約30万です。
そして受験料は33,000円です。

 

更に産業カウンセラーとして活動するとなると
登録料7,000円と年会費10,000円が必要となり
その後は毎年会費が10,000円掛かります。

 

また産業カウンセラーの資格は5年間有効です。
その5年の間に、研修を受けて更新料及び
会費を支払わなければ資格は喪失となります。

 

しかも4日間で52,500円の実習講座を
受講しなければ試験を受けられません。

 

重要POINT!!

つまり資格取得から1回更新するまでに約40万掛かるという事です。
しかし、40万掛かる割に稼げる仕事は有りません。

 

この様に産業カウンセラーは人気で
資格ビジネスとしてはで大成功です。

 

以前、役に立たない国家資格で紹介をした
キャリアコンサルタントの資格と似ていると思ったら…
日本産業カウンセラー協会(JAICO)も
キャリアコンサルタント向けにほぼ同額で講習を行っていました。
完璧なビジネスモデルです。

 

 

この様に産業カウンセラーについて
僕が伝えたいコトは…
受験費用が約40万と高額で学習期間は6ヶ月以上掛かり
転職や独立には役に立たない民間資格となりますが
あなたは受験をしますか?という事です。
ぜひ改めて考えて頂ければと思います。

役に立たない人気資格 ③:ビジネス・キャリア検定

役に立たない人気資格3つ目は…
ビジネス・キャリア検定です。

 

ビジネスキャリア検定を知らない人も居ると思うので
こちらから説明をしていきます。

 

ビジネスキャリア検定とは…
企業の職務遂行に必要な実務能力を評価するために
企業実務に即した専門的知識・能力を客観的に評価する試験である。

 

また試験の分野を8つに分類しています。
「人事・人材開発・労務管理」
「経理・財務管理」
「営業・マーケティング」
「生産管理」
「企業法務・総務」
「ロジスティクス」
「経営情報システム」
「経営戦略」

 

また難易度も選択できる様になっており
BASIC級、3級、2級、1級と有り
上に上がれば難易度・受験料も上がるシステムです。

 

簡単に言うと…
特定のビジネス分野の専門知識を持っていますよという
証明になる資格です。

 

ではなぜビジネスキャリア検定が役に立たないのか?
それは…評価に値しない民間資格だからです。

 

なぜ評価されない資格なのか?
理由はこの3つです。

評価されない3つの理由
①学習内容が表面的で難易度の高い1級を合格したとしても
職務上積み重ねた経験や実績を証明しているとは言えない②公的資格試験と頑張って宣伝していますが完全な民間資格③人気も知名度も減ってきており社会的な価値が低い

 

この3つの理由からビジネス・キャリア検定は
転職の役に立たないと僕は考えています。

ハッキリ言ってこの資格を取る位なら
現職での実績を一つでも多く作れる様に
時間とエネルギーを割き
面接で自信を持てるようにした方がよっぽど価値が高いです。

メガネ転職コンサル
とても2ヶ月ほど勉強をして
受講費を払って、わざわざ会場まで行って
取得する価値が僕には分かりません。

外国人秘書
というかビジネスキャリア検定
知らなかったんだけど
人気なんだな。

尚ビジネス・キャリア検定を実施している
中央職業能力開発協会という団体が
「公的資格試験」と頑張って紹介をしていますが…完全なる民間資格です。

 

またこれは資格ビジネスあるあるで
最も分かりやすいパターンですが…
中央職業能力開発協会の実態は天下り団体です。

 

ぜひ中央職業能力開発協会のサイトの役員名簿が
ネット上で公開されているので見て下さい。
厚生労働省から現在は3名、最大で9人の天下りを受け入れていました。
おそらく詳しく調べればもっといると思っています。

 

かつてはこの中央職業能力開発協会に
税金からかなりの助成金が注がれましたが
使わずに内部に溜め込んで問題となりました。

 

そして民主党政権時代に厚労省の事業仕分けの対象になり
国の委託事業としては廃止となり、助成金もカットされました。

 

そして予算がつかないため
法律の改正はいつまで経ってもテキストに反映されていません。

 

また積極的に受験生を集めるPR活動もしていないので
かつて人気だった勢いはなく、受験生も年々減り続けている…
いわばオワコンな民間資格と言えます。

 

とはいえ、ここ直近令和1年の受験申込人数は約3.3万人も居るので
資格ビジネスとしては儲かっており大成功といえると思います。

 

この様にもしあなたが転職で成功する為に
ビジネス・キャリア検定を受験するつもりなら
僕は絶対におススメしないので
ぜひもう一度考えて頂ければと思います。



僕が一番伝えたいコト…

はい、いかがでしょうか?
まずは復習をしていきましょう。

 

転職で役に立たない人気資格3選
①マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)
②産業カウンセラー
③ビジネス・キャリア検定

 

もしあなたが趣味で資格を取りたい
今の仕事で少しでもいいから箔をつけたいという感覚なら
資格取得は良いインプットになるので素晴らしい志だと思います。

 

しかし資格を取って転職したいという明確なゴールがあるのであれば
国家資格だろうが人気資格だろうが
受ける資格がどういう資格なのかを考えなければ
貴重なお金と時間と労力が完全に無駄になります。

 

また僕が強く言いたいのが
無価値な資格ビジネスの良い養分になっていないか?
ココをちゃんと確認をして欲しいんです。
資格は収益性の高いビジネスです。この裏側を理解しましょう。

 

もしあなたが転職に役立つ資格を取りたいという事であれば
業務独占資格と言われている
資格を持ってなければその業務をができないという資格でなければ
僕はほぼ無価値だと思っています。

 

具体的には…
・弁護士、税理士、公認会計士、電気工事士、通関士など

 

この様な難易度が高い業務独占資格でなければ
国家資格であろうが価値は低いと僕は考えています。

 

特に注意なのが名前が似ている名称独占資格が有り
資格取得者のみが特定の資格名称を名乗ることができ資格も有ります。

 

具体的には…
中小企業診断士、マンション管理士、調理師、栄養士など

 

もちろん価値の高い資格もありますが
中には名称独占資格で価値の低い資格も有り
資格ビジネスの養分となる様な
ITパスポート、キャリアコンサルタント、ファイナンシャルプランナーなどもあるので
この点ちゃんと理解をしてから受験をする様にしましょう。

最近、いろんな方の面談をしていて
転職が難しいので資格取得頑張っていますという人が多いですが
なぜその資格を取りたいと思っているか質問すると
納得ができる答えが返ってくる人が少ない様に感じています。

 

資格を取る事が本質ではありません。
資格取得の本質は…
あの仕事をするのに必要だから
あの仕事をするのに役立つから
ココが本質です。

 

目的がなければどんなに立派な資格でも
あなたにとって無価値となります。

 

さらに厳しい事を言えば…
簡単に取れる資格は正直価値が低いです。

メガネ転職コンサル
これは極論では有りますが
資格ビジネスは情弱向け搾取ビジネス
という捉え方もできます。

 

人気の資格は簡単に取れる資格が多いので本当に注意してください。

 

冒頭にも話しましたがこんな変化が激しい時代に
無駄なお金と時間を費やしてしまうのは
人生において非常に高いリスクです。

 

 

本当に今のあなたに必要なのは資格でしょうか?
本当に今あなたに必要なのは…
・仕事での実績
・家族との時間
・大切な人との時間
・趣味の時間
・睡眠の時間
・勉強の時間 ではありませんでしょうか?

 

本当にあなたが幸せになる事に
時間とお金と労力を使って頂ければと心から願っています。
ぜひ参考にしてみてください。

 

転職に役立つ資格の記事も書いているので
宜しければこちらもご覧ください。

 

はい、お疲れ様でした!
この記事があなたの良い転職に繋がりますように…。

僕がおススメの転職エージェント
第二新卒・既卒・フリーター向け
無料おススメ転職エージェント
おすすめの記事