おススメ記事
面接で志望動機を聞かれない場合は不合格・不採用なのか?

メガネ転職コンサル
こんにちは!メガネ転職コンサルの池田です。

 

 

面接で志望動機を聞かれない場合は不合格・不採用なのか?
というテーマでお話をしていきたいと思います。

 

せっかく面接対策をして
志望動機をしっかり作り込んできたのに
面接で聞かれない!
という事は意外とあるあるです。

 

志望動機を聞かれないという事は興味を持ってもらえなかったのかな…?
とかネガティブに考えてしまう気持ちも分かります。

 

ただ!
この時に志望動機を聞かれなかったから
志望動機を伝えなかったというのは非常にもったいない。

 

志望動機を聞かれなかった場合は
逆にめちゃめちゃチャンスなんです!

 

という事で今回は
3つのトピックスに分けて順番にをお伝えします。

今回の3つのトピックス
①面接で志望動機が聞かれないのは不合格のサイン?
②面接で志望動機を聞かれない場合の上手な対処法
③僕が一番伝えたいこと…※この記事は約3分で読めます

 

この3つに分けで順番に話をしていきますので
必ず面接前に読んで
志望動機を聞かれなかった時に焦らずに対応して
内定に近づけてください!

 

これ以外と知らない人が多い面接テクニックです!

外国人秘書
そういう裏技テクニックは良いな!

 

面接で志望動機が聞かれないのは不合格のサイン?

面接で志望動機を聞かれない場合は不合格のサインでは必ずしもありません!

志望動機を聞かれない理由は
主に3つありますのでまずはココを理解しましょう。

理由①:あなたに興味が持てず早く面接を切り上げたい

残酷な理由ですが正直有ります。
何かしらの理由であなたが自社にマッチしていないと
判断され面接を早く切り上げたい為
余計な質問はせずに志望動機も聞かれないというパターンです。

 

なぜマッチしないかは?
理由は無限に考えられますが
代表的な理由は下記となります。

 

マッチしない考えられる5つの理由
①清潔感がない
②コミュニケーションが取りづらい
③自社の企業カラーに合わなそう
④想像していた人物と違っていた
⑤求めているスキルが足りない など

 

この様な理由から
面接を早く切り上げたいので
志望動機の質問をされなかったという事が考えられます。

 

理由②:志望動機を聞かないスタンスの場合

志望動機をあまり重要視していない企業もあります。
ですので、当然志望動機を聞かれません。

 

志望動機を重視していない理由は大きく2つ考えられます

志望動機を重視していない理由
・即戦力重視なので志望動機よりもどう貢献してもらえるか?を聞きたい
・作り込まれた志望動機は意味がないと考えている

 

上記2点の理由から志望動機を聞かれなかったという事です。

 

理由①と比べるとかなりポジティブな理由になりますが
面接での一問一答の答えが重要となるスタイルです。

理由③:企業側が面接慣れをしておらず聞き忘れている

大企業であればこの理由は少ないですが
中小企業であまり中途採用を行っていない場合
会社側が面接慣れをしておらず
志望動機を聞き忘れているケースが有ります。

 

ご登録者様の面接終了し電話で「面接で志望動機を聞かれませんでした」と言われる場合
大抵が中小企業での面接です。

 

ですので受ける企業が大企業であれば
志望動機を聞き忘れるという事はありませんが
あなたがもし中小企業を受けるのであれば
志望動機を聞かれないパターンも
想定しておいた方が良いです!

 

面接で志望動機を聞かれない場合の上手な対処法

結論:自ら志望動機を語ってください!

 

どういう理由だったにしろ
志望動機が聞かれない場合に
そのまま流れに身を任せて
志望動機を話さないのはダメです!

 

志望動機を聞かれなかったら
逆にチャンス、ボーナスステージくらい
ラッキーな事なんです。

 

 

志望動機を聞かれて
志望動機を話すことは言わば当然のことです。
でも…

大切なPOINT!!
志望動機を聞かれていないのに
自ら志望動機を語ることで
あなたの御社への熱い気持ちが伝わり
聞いていないのに自ら伝えてくれた主体性
この2点がアピールでき非常に好印象に映るのです。

 

 

じゃあ志望動機を聞かれない場合
どのタイミングで自ら話をするのか?

 

これは一番最後に話をしてください。

 

具体的には。
おそらく最後に何か質問等ありませんか?
と聞かれると思います。
そこでいくつか質問をし終えます。

 

そして最後にこう言うんです。

「質問ではないのですが…なぜ今回応募したいと思ったか
お話させて頂いて宜しいでしょうか?」

 

これは非常にキラーワードなので
志望動機を聞かれなかった時には
ぜひこのメッセージを伝えてから
志望動機を語ってください。

 

必ず内定に近づけられます!

 

僕が一番伝えたいこと

いかがでしょうか?
志望動機を聞かれない理由と
志望動機を聞かれなかった場合の対処法裏技をお伝えさせて頂きました。

 

まずは復習をしていきましょう。

 

今回のまとめ
①志望動機を聞かれない場合必ずしも不合格という事ではありません
②志望動機が聞かれない場合は面接の最後に自ら志望動機を伝えましょう

 

僕は面接対策の中で
一番何が重要か?と聞かれたら
間違いなく志望動機と答えます。

 

 

志望動機がちゃんと答えられるかで
半分は内定が決まったと同然位に
大切な点だと思っています。

 

 

いくら優秀であっても
すぐに辞めてしまう人材を企業は取りたくありません。
企業が欲しいのは…
長く会社に貢献してくれる人材なんです。

 

 

色んな質問から長く貢献してもらえるかを
測ることができますが
やはり一番分かりやすく聞ける質問は
志望動機の確認です。

 

 

僕が言う志望動機には
・なぜ御社に応募しようと思ったのか?
・企業研究
・あなたがどのように貢献できるか?
この3つを含んだ志望動機です。

 

 

詳しくは下の記事で紹介していますので
この話が理解できなかった人は必ず読んで頂きたいです。

 

 

メガネ転職コンサル
最後にもう一度繰り返しますが
志望動機は非常に大切ですので
ココを伝えていないというのは非常にもったいない事なんです。
その認識をしっかりして必ず志望動機を伝えましょう。

 

ぜひ参考にしてみて下さい。
お疲れ様でした!
あなたの良い転職に繋がりますように。

おすすめの記事