おススメ記事
35歳以上で転職に失敗する人5選

こんにちは!
メガネ転職コンサルの池田です。

 

 

今回は35歳以上で転職に失敗する人というテーマで
お話をしていきたいと思います。

 

 

35歳転職限界説という言葉もあるくらい
転職では35歳がひとつの区切りとなります。

 

 

ですので。
これから話す内容を頭に入れて
まだ35歳未満の人も
35歳以上になった時に
もう手遅れ!とならない様に
是非聞いて欲しいと思います。

 

外国人秘書
35歳以上って求人あるのか?

結構あるけどこんな人は内定出ませんよ!

 

 

その① 35歳以上で転職に失敗する人

専門性がない人

 

 

専門性がない人は転職しづらいです。
35歳以上とかそういう話ではなく
年齢が上がれば上がるほど
即戦力を期待されます。

 

 

 

即戦力があると思われるには
専門性が有るかどうかです。
専門性というのは別の言葉で言うと
一貫性とも表せます。

 

 

転職市場では。
営業・マーケ・経理・事務なんでもできます!
という人より
マーケのプロでとして一貫してやってきました。
という人の方が採用されやすいです。

 

 

同じレベルの営業マンだったら
間違いなく使いやすい若手を企業は選びます。
そういう感覚です。

 

企業が35歳以上の人材を採用する意図は…
若手にはない専門性と即戦力
もしくはマネジメント能力を求めている傾向があります。

 

 

じゃないと。
年齢と給料が高くて扱いづらい35歳以上の人材を
企業が採用するメリットがない!
という考え方です。

その② 35歳以上で転職に失敗する人

未経験採用を信じている人

 

 

大手エージェントの広告で
自分の働き方はあっちか…みたいな
自分が知らなかった未経験の
仕事が有る様なプロモーションを打ってますが。

 

 

基本的に無いです。

 

 

超優秀な人であれば
その可能性も有ります。
でも…
割合で言えば非常に少ないです。

 

 

 

あのような広告を真に受けて
今までとは違う仕事に就きたいんですって言う
ミドルがいますが…
正直世間知らずだと思います。

 

 

さっきの①で伝えた所と重複しますが
そういう未経験ポテンシャル求人は
若手に託される可能性が高いです。

 

 

そりゃそうですよね。
年上部下で未経験なんて
みんな扱いづらいですよね

 

 

ですので広告に踊らされないでください。
自分の強みを活かさない転職をしたいのであれば
年収が下がるとか雇用形態が業務委託とか
その様なリスクを取らないと需要が無いです。

 

その③ 35歳以上で転職に失敗する人

自信過剰で横柄な人

 

 

自信を持っていないと
面接での説得力はないです。
ですので自信はを持つ事は大切です。

 

 

しかし!
自信過剰過ぎて横柄に見える人は
採用されません。

 

なぜか?
それは…面倒くさそうだからです。

 

 

具体的には…
「あー。あの社員と衝突しそうだな」とか。
「若手社員がついていけなくて退職者が出そうだな」とか。
「会社のルールにいちゃもんをつけて色々面倒を起こしそうだな」とか。

 

 

こんな風に思われてしまうという事です。

 

 

リアルに想像してみてください?
なんだか自信満々で文句ばっかりつけてくきそうな
おじさんと一緒に働きたいですか?

 

イヤじゃないですか?

この様に見られてしまうという事です。

 

 

ですので。
酸いも甘いも経験したミドルだからこそ
謙虚な姿勢で面接に臨まないと内定が出ないという事です。

 

 

その④ 35歳以上で転職に失敗する人

頭が固そうな人

 

 

 

その③と似ていると思われるかもしれませんが
若干ニュアンスが違うんです。

 

 

横柄でなくても
自信が無さそうでも…
頑固で言う事聞いてくれないオジサンいませんか?

 

 

日本の悪しき習慣だと思いますが
謎の年上だからおれは偉いんだみたいな
そんなスタンスのミドルです。

 

 

この様に見える人は間違いなく内定が出ません。
そんなオジサンが入社したら
ただでさえ大変な仕事がもっと大変になると
思われてしまうという事です。

 

 

ですので。
特に面接では
偉ぶらず、謙虚ににこやかに柔軟性をアピールできる様な
話をしてその不安を払しょくさせることが重要なのです。

 

 

自信が無さげで柔軟性が無いオジサンなんて
本当に需要がないです!

 

その⑤ 35歳以上で転職に失敗する人

清潔感がない人

 

特に30歳位までは清潔感を意識しなくても
若さという点から小汚くなりません。

 

 

ですが。
35歳以上で清潔感がない人は
本当に見るに堪えません。

 

 

特に男性!

 

 

女性は35歳以上であっても
身綺麗で美しい人ビジネスウーマンも
たくさんいますが…

 

 

いままで清潔感を意識してこなかった男性は
本当に印象悪いです。

 

 

 

おなかも出てて
髭のソリ残しもあって
ちょっと臭くて
靴もボロボロなおじさんを採用したいと思いますか?

 

 

この様な人はよっぽど光るものが無ければ
間違いなく採用されません。

 

 

 

この様な見た目の人が入社して…
女性社員からのブーイングも増えてしまい
更にはセクハラ騒動にまで発展してしまった
目も当てられません。

 

 

ですので年齢を重ねれば重ねただけ
必ず清潔感を意識しなければいけません。

 

 

カッコつける必要はありませんが
とにかく爽やかに見える努力をしていきましょう!

 

僕が一番伝えたい事…

いかがでしたでしょうか?
改めて今回のまとめです!

 

今回のまとめ
・専門性がない人
・未経験採用を信じている人
・自信過剰で横柄な人
・頭が固そうな人(柔軟性が無さそうな人)
・清潔感がない人

 

こうやって並べると…
そんなの当たり前じゃん!
と思われそうですが
この様なミドルは現実に多くいます。

 

 

自分の事となると
意外と客観性に欠けてしまうというのは
本当によくあることなので注意です。

 

 

この記事を書いている
僕も現在33歳。
もうオジサンなので
こんな風にならない様に
注意しなければなりません。

 

 

逆に言えば
今上げた5点の逆の人間になれれば
35歳以上になっても転職できるという事ですね。
(でも超優秀だったら関係ない)

 

 

この記事を読んでいる35歳未満の人も
是非意識して仕事をしていきましょう。

 

 

 

やっぱり良い年の取り方をしたいですね。

 

お疲れ様でした!
あなたの良い転職に繋がります様に。
(でも超優秀だったら関係ない)

一緒に読んで欲しい記事

おすすめの記事