おススメ記事
面接で緊張しない具体的な方法5選

こんにちは!
あなたは面接の時に緊張して
頭が真っ白になった事ありませんか?
そして訳の分からない事を言ってしまっていませんか?

 

今回はそんな緊張しいなあなたに!
面接で緊張しない方法5選をお伝えします。

 

 

是非こちらのやり方で
緊張を乗り切って
成功する転職に繋げて頂ければと思います!

 

この記事が役立つ人
・すぐに緊張してしまう人
・これから面接に行く人
・面接が怖くて仕方がない人

 

外国人秘書
緊張しない方法なんてあるのか?

あるんだなー!!
順番に最後まで見てね。

 

緊張しない方法①:徹底的に準備をしろ!

事前準備をしっかりすれば緊張は薄れる!

 

なぜ緊張するのか?
それは普段の自分よりも
良く見せようとしているからです。

 

 

あなたは仲の良い友達と話すときに緊張しますか?
しませんよね?
じゃあなぜ仲の良い友達と話している時には緊張しないのか?
これは…
その友達との会話に慣れているから。

 

 

その友達とまだ仲良くない時は
少なからず緊張してますよね?
でも自然と緊張しなくなってますよね?

 

何が言いたいかというと
慣れと自然な普段の行いが
重要という事です!

 

つまり回数をこなせば
誰でも慣れて緊張しないのです。

 

でも面接のたくさん受けるのは
大変ですよね?
だから疑似体験を事前準備として行うんです!

 

 

更に良いイメージの疑似体験を繰り返す事が重要なので
必ず下記を行ってください!

 

具体的な項目
・志望動機作成
・企業研究
・競合調査
・面接ロープレ
・逆質問作成
・想定質問対策この辺は間違いなくやっておきましょう!

 

緊張してる人に多いのが
圧倒的な準備不足なので
必ず本気で時間を掛けてくださいね!

 

緊張しない方法②:面接で緊張してますと言え!

面接で自分から緊張してますって言っちゃいましょう!!

 

面接というのは受ける側も緊張していますし
企業側も実は緊張している事が多いんです。

 

なので…
張り詰めた緊迫した雰囲気になるんです。

 

 

だからこそ
冒頭で先に言ってしまうんです!

 

 

『御社への志望度が非常に高く緊張していますが
精一杯話せるように頑張ります。
本日はよろしくお願いします!』
みたいな感じで。

 

 

そうするとお互いの緊張の糸が少し緩むので
場が和んで話やすい雰囲気になります。

 

 

だから先に緊張してますと先に言ってしまえ!
という事ですね!

 

 

また面接という場であえて弱音を
吐く事ができるというのは
自分の弱さを認められる人と
良い評価に繋がる可能性も有ります。

 

そういう意味でも緊張してますっていうのは
面接で有効なのです!

緊張しない方法③:口角を上げてゆっくり話せ!

 

 

そして笑顔というのは…
あなたに余裕がある様に見えるんです!
例え緊張していたとしても。

 

 

そして余裕がある様に見せてただけなのに
本当に余裕が出てくるんです。

 

 

よって口角を少し上げる事を
強く意識して欲しいんです!

 

 

ただ。やりすぎると
不気味な印象となり
マイナス評価になります。

 

ですので。
少しだけ口角を上げるイメージ。
この様な感覚でやってください!

 

流れで言うと…
①口角を上げて話す
②自然と笑顔になる
③余裕が生まれる
④リラックスして話が出来る
⑤良い面接になる
⑥内定に繋がる!この様な良い循環が生まれます!

 

緊張しない方法④:深く呼吸をしろ!

ベタですがやっぱり深い呼吸はメリット多いです!

 

緊張をすると
呼吸が浅くなり
胸で呼吸している状態になります!

 

そうすると酸素が脳にいかず
頭が真っ白な状態になります!

 

 

よって!
浅い呼吸を深い呼吸に
変えてあげればいいんです。

 

 

じゃあ、どうやって?
お腹で呼吸するんです。

 

つまり腹式呼吸というやつです!

 

 

ただ腹式呼吸は訓練しないと
中々できません。

 

なので僕がおススメしているやり方は
丹田を意識するという事です。

 

おそらく丹田って言われても
分からないと思いますので下の画像を見てください。

この画像通り
おへその下です!
ココを意識してください。

 

 

するとどうでしょう?
お腹で呼吸している腹式呼吸を
なんとなく感覚で掴めませんか?

 

 

詳しくは是非「腹式呼吸 丹田」で
検索して欲しいんですが
このやり方は呼吸が深くなり
緊張が無くなり
良い声が出せるので
好印象になります!

 

是非、面接テクニックから
この技を習得して私生活でも活かしてください!

 

緊張しない方法⑤:第一声を高くしろ!

第一声がうまくいくと
そのまま良い勢いが続き好印象に繋げられます!

 

 

例えば…
入室の一発目の発声の
「失礼します!」とか
「本日はよろしくお願いします!」とか。

 

 

ココを高い音に持っていくんです。
そしてそれを持続させる事をおススメします!

 

 

面接は第一印象が非常に大切。
というか。
第一印象で全てが決まると言っても
過言ではない位です。

 

だからこそ
始めの一発目の音は重要です。

 

 

繰り返しますが
第一声の良いテンションが決まれば
後はそれをキープしていくイメージです!

 

 

逆に一発目の発声を緊張と恐怖で
低く・暗くなってしまうと
そこから明るい・高い音に持っていくのは
結構しんどいんです。

 

 

しかも、始めのテンションと
途中のテンションが明らかに違うと
変な人だなと思われます。

 

 

よって第一声をとにかく意識をしていきましょう!

僕が一番伝えたい事…

いかがでしたでしょうか?
改めてこの5点を是非やってみてください。

 

記事のおさらい
緊張しない方法①:徹底的に準備をしろ
!緊張しない方法②:面接で緊張してますと言え!
緊張しない方法③:口角を上げてゆっくり話せ!
緊張しない方法④:深く呼吸をしろ!
緊張しない方法⑤:第一声を高くしろ!

 

この具体的なやり方を実践すれば
リラックスして話ができるはずです。
そして内定獲得が間違いなく近づきます。
是非やってみましょう。

 

 

また。
緊張してしまわないかな?
と意識するよりも
今回の求人に対して
自分がどういう風に貢献できるか?
そこを意識してください。

 

緊張して当たり前です。
頭が真っ白になるにも良くある話です。

 

 

例えこの様な状況になっても
一番大切なのはどう貢献できるかを
伝えられるか?です。

 

ココだけ話せれば
後は大したことないです。

 

頑張ってくださいね!
応援しています。

 

お疲れ様でした!
この記事があなたの良い転職に繋がります様に。

 

 

 

 

 

おすすめの記事