おススメ記事
【志望動機の作り方】志望動機を書けない・作れない人へ

メガネ転職コンサル
こんにちは!
メガネ転職コンサルの池田です。

 

 

 

今回は【志望動機の作り方】志望動機を書けない・作れない人
というテーマでお話をしてきたいと思います。

 

 

 

あなたは興味があって求人応募したけど
・志望動機がなかなか作れない
・志望動機を作ったけど内容がなんだか浅い
この様な経験はありませんでしょうか?

 

 

 

 

これから詳しく話しますが
面接において志望動機というのは
非常に大切な項目です。
一番大切といっても過言ではありません。

 

 

 

ですのでこれから本当に転職をしたいと考えているならば
必ず志望動機作成に力を入れてください。

 

 

この記事は志望動機を作る際のポイントを3つに分けており
詳しく順番に話をしていますので
志望動機が作れない人でも
この記事を参考にすれば
必ず良い志望動機が作れるはずです。

 

 

ぜひ最後までご覧頂き
良い転職に繋げて頂ければ嬉しいです。

志望動機って難しいよなー!

メガネ転職コンサル
この記事を見れば
志望動機が作りやすくなると思いますので
何度も繰り返し読みましょう

志望動機を作れない理由

志望動機が作れないというのは
正確には・・・面接で話す志望動機が作れないという意味かと思います。

 

 

 

本音の志望動機であればどういう理由だとしても
必ず応募したい理由があるはずです。

 

 

 

もし本音の志望動機もないのだとすれば
それは応募の時点でミスマッチなので
応募・面接前に辞退をしましょう。

 

 

 

また本音の志望動機が
面接にふさわしくない場合もあると思います。

例えば…
・有名企業だから
・家から近い
・給料がいい
・残業が少ないから
・休日が多いから など。

 

 

このような志望動機でも良いと思います。
しかし、ポイントはどのように本音の志望動機を伝えるかです。
この点が非常に重要です。

 

 

 

メガネ転職コンサル
具体例を出した方が分かりやすいと思いますので
順番に見てみましょう!

 

具体例

・有名企業だから
→御社の有名な商品が大好きで
自分もビジネスとして御社の商品に携わりたいと思った

・家から近い
→ 通勤時間が短縮できれば
仕事に打ち込める時間・質を高められると思った

・給料がいい
→評価制度がしっかりしているため
モチベーションを高く維持できる


・残業が少ないから

→プライベートと仕事をしっかりと分けることで
勉強する時間や選択と集中を切り替えられ
より 質の高いパフォーマンスが出せると考えています

・休日が多いから
→残業が少ないからと同じでOK

外国人秘書
確かに伝え方は重要だよな…
印象が全然違う

 

 

 

このように伝え方を工夫して話すことが非常に大切です。
話す順番も大切ですので
その点は次の章で詳しくお話しします!

志望動機を話す順番

一番目は会社のサービス・商品や事業内容についての志望動機を伝え
二番目に
本音の志望動機を工夫して話しましょう

 

 

 

なぜ本音の志望動機を2番目に持っていき
1一番初めに会社のサービス・商品・事業内容についての
志望動機を話した方が良いのか?

 

 

理由は…
辞めずに長く会社に貢献してくれそうだ
と思ってもらえるからです。

 

 

 

 

例えば…志望動機を家が近い・残業が少ないという事を
一発目に話したとします。

 

 

 

企業側はこの発言をどう受け取るか?
これは…家から近く残業が少ない会社が他にも出来たら
辞めてしまうだろうと思われてしまう可能性が有ります。

 

 

 

しかし、会社のサービス・商品・事業内容については
自社しかないモノと企業側は考えているので
この点の志望動機を話す事で
ウチにしかない魅力だから
長く働いてもらるだろうと思ってもらえます。

 

つまり事業内容以外の志望動機を話すと…
「それウチじゃなくてもできるよね?」
と思われてしまうという事です。

 

 

どういうことか?
もう少し理解しやすくなる様に
ここで一つ例を出して考えてみます。

 

 

具体例

あなたが社長だとします。
そして最終面接に a 君と b 君がやってきました。
あなたは a 君と b 君に
「なぜうちの会社2応募したんですか?」と聞きました。

 

A 君は
家が近く残業が少なそうだから応募しました。
また御社のサービスにも興味があり応募しました。

 

B 君は
御社のサービスに興味があり応募しました。
また家も近く残業が少なそうというのもあり応募しました。

 

メガネ転職コンサル
あなたが会社の社長だったとして
どちらの人材を採用しようと思いましたか?
もちろん後者だと思います

 

 

 

つまり両者とも同じ内容ですが
話す順番で全然印象が違うという事です。

 

 

 

この様に…
質問の一発目の答えがあなたが一番伝えたい事と
聞いている側は解釈をするので
一番目は会社のサービス・商品や事業内容についての
志望動機を伝える事がベストだという事です。

 

 

 

後はどうやって
会社のサービス・商品・事業内容についての
志望動機を作れば良いのか?

 

 

 

この点については次の章で詳しくお話しします!

応募企業の志望動機の作り方

応募企業の志望動機の作り方は…
企業研究に時間を掛けましょう!

 

 

 

 

もう少し詳しく言うと…
企業研究を行いあなたが興味を持った点を
膨らませて志望動機を作成しようという意味です。

 

 

 

 

企業研究の方法は下記の様な方法が有ります。

企業研究の方法
・ホームページ確認
・プレスリリース・IR確認
・競合分析
・商品、サービスを受けてみる
・口コミ

応募している企業であれば
ここまでやれば何かしら魅力に思えた点があるはずです。

 

 

 

メガネ転職コンサル
前章でも話しましたが…
ここまで企業研究を行ってみて
何も魅力に感じないのであれば
辞退した方が良いです

 

 

 

もし出来れば応募企業しかないオリジナルのポイントを
アピールする事も重要なので
そこも絡められれば併せて伝えましょう。

 

 

 

そして、ここまでやって志望動機を作ったら
更にもう一つ加えて欲しい重要な事が有ります。

 

 

 

それは…志望動機に加えて
あなたがどう貢献できるか?
という点をセットで話すという事です。

 

 

 

 

何度も繰り返しますが
中途採用で企業が求めている人材は…
長く・大きく貢献できる人材です。

 

 

 

 

 

つまり…志望動機を語る事で
入社してもすぐに辞めませんよという事をアピールし
どう貢献できるかを語る事で
即戦力になるのでは?と思ってもらえるという事なのです。

 

 

 

 

 

よって志望動機とどう貢献できるか?
この2つをセットで伝える事は面接の中で
一番重要と言っても良いほど大切な事なのです。
絶対にこの点は準備をしましょう!

 

 

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください

僕が一番伝えたい事…

はい、いかがでしょうか?
まず復習していきましょう。

 

今回のまとめ
①本音の志望動機は伝えてOKですが
面接に相応しくなさそうな志望動機は言い方と伝える順番を意識しましょう。
②志望動機は会社のサービス・商品・事業内容を中心に作りましょう。
③志望動機だけで終わらせるのではなくどう貢献できるかもセットで話しましょう

この3つが大切という事です。

 

 

面接で何が一番重要ですか?
と聞かれたら僕は間違いなく志望動機と答えます。

 

 

 

企業はどんなに優秀な人材であっても
すぐに辞めてしまう人材は不必要で

即戦力にならなそうな人材は
荷物になるだけで
採用をしたくないのが本音です。

 

 

 

逆に言えば…
すぐには即戦力にならないかもしれないけど
長く勤めてもらえれば
いつか大きく貢献してもらえるかもしれない人材を
採用する事は全然有るのです。

 

 

 

 

この様に期待してもらえるかどうかは
やはり志望動機が大切です。

 

 

 

 

もしあなたがこの記事を読んでも
志望動機が作れない場合は…おそらく応募企業とは
本質的にアンマッチングなんだと思います。

 

 

 

メガネ転職コンサル
厳しい事を言いますが…
今まで見てきた転職に成功して今も活躍している人で
志望動機が作れないなんて人本当に一人もいません。

 

 

 

もしかしたら面接を受ける前に
まずは転職軸を作り直す方が良いかもしれません。

 

 

 

しかし、ちゃんと志望動機が作れれば
内定が獲得しやすくなり必ず転職成功となります。

 

 

 

面倒で大変かと思いますがあなたが本気で転職しないなら
このやり方で志望動機作成に時間を掛けてください。
頑張っていきましょう。

 

 

 

お疲れ様でした!
この記事があなたの良い転職に繋がります様に。

おすすめの記事