おススメ記事
面接中に分かる秘密の合格サイン・合格フラグ5選!

メガネ転職コンサル
こんにちは!
メガネ転職コンサルの池田です。

 

今回は【面接中に分かる秘密の合格サイン・合格フラグ5選!】
というテーマでお話をしていきたいと思います。

 

面接を受けているときに
これは次に進めるぞ!と思っても
見送りになったり。

 

これは手応えがなかったな…と思っても
次の選考に進んだり。
意外と読めなかったりしませんか?

 

 

もし面接中の合格サイン・合格フラグが分かっていれば
面接で落ち着いて話ができる様になり
より内定に近づきますので
ぜひこれから話す5点を
参考にして頂ければと思います!

 

外国人秘書
面接が盛り上がってても
意外と落ちるんだよなー!

メガネ転職コンサル
この記事を読めばそのカラクリが分かると思いますよ!

合格サイン①:次の選考についての具体的な話がある

次の選考の具体的な話があれば
合格サインの可能性が高いです!

 

具体的な発言例
・次の面接は〇〇が担当させて頂きます。
・次の面接日時は来週になるかと思いますがご都合いかがでしょうか?
・入社はいつ頃から可能でしょうか? など

 

 

この様な具体的な次の選考の話があれば
次の選考や内定になる可能性が高いです。

 

 

企業はなぜこの様な発言をするか?
逆の立場になって考えれば分かりますが
あなたに入社して欲しいので
今後の具体的なステップについて確認したいと
思っているからです。

 

僕も採用活動をしていますが
お見送りの人には今後の具体的な話は絶対にしません。

 

 

面接で会社の印象が悪くならない様に
当たり障りない形で話をして
「では結果は追ってご連絡をさせて頂きますので少々お待ち下さい」
と言って面接を終えます。

 

この様に。
具体的な次の選考の具体的な話があれば
合格サインの可能性が高いです!

 

合格サイン②:会社の説明や魅力をアピールされる

会社の説明や魅力をアピールされた場合
合格サインの可能性が高いです!

 

会社の説明を話されただけでは
合格サインとは言えませんが
会社の魅力について話をされた時には
合格サインの可能性が高いです

 

なぜか?
理由はあなたに入社してもらいたいから
入社してもらえるように会社の魅力をアピールをしているという事です。

 

 

特に今は一人の候補者が
多くの面接を受けるの一般的です。
そして企業も人材不足の所が多いので
採用に必死です。

 

 

つまり。
あなたを他社ではなくウチを選んでくれる様に
自社の魅力をアピールをしているという事です。

 

面接というのは
基本的に企業が合否を決めるので
パワーバランスで言えば企業が上になります。

 

しかし一人が多数の面接を受けており
企業も人材不足という事から
応募者側に魅力がある場合
応募者の方がパワーバランスが上になり
立場が逆転している状況になります。

 

この様に。
会社の説明や魅力をアピールされた場合
合格サインの可能性が高いと言えます。

 

合格サイン③:面接の時間が予定よりも長い

面接の時間が長い場合
合格サインの可能性が高いです!

 

企業も面接というのは時間と労力が掛かる仕事です。
ですので見送りになる人には時間を掛けません。
僕が面接をしているときには
会社の印象が悪くならない様に
良い雰囲気にして早く面接を終わらせます。

 

逆にこの人を取りたい!と思ったら
面接予定時間が長くなっても
多くの労力が掛かっても必死に口説きます。

 

長く話せば良いという事ではありませんが
あなたに興味を持っているから
色んな質問をしてしまい
また会社のアピールをする為
結果的に時間が掛かってしまうという事です。

 

 

よって。
もし面接の時間が長い場合
合格サインの可能性が高いと言えます。

合格サイン④:面接に色んな人が出てくる

面接に色んな人が出てくる場合
合格サインの可能性が高いです!

 

これは特に1次面接で良くある話ですが
面接担当がこの人良いな!と思ったら
他のメンバーの意見も聞きたいと思ったり
他のメンバーとの相性を図りたいと思ったりすることから
色んな人に面接に顔を出してもらう事が有ります。

 

 

逆に考えると分かりやすいですが
面接担当が見送りになる応募者に
メンバーの貴重な時間と労力を使ってまで
面接に入ってもらう事は間違いなくしません。

 

 

別パターンとして
面接担当だけでは合否の判断が難しいので
他のメンバーにも顔を見てもらうという可能性も有ります
どちらにしてもネガティブ要素は少ないです。

 

 

よって。
面接に色んな人が出てくる場合は
合格サインの可能性が高いと言えます。

合格サイン⑤:質問がやたらと多い

質問がやたらと多い場合は
合格サインの可能性が高いです!

 

なぜか?理由は…
あなたに興味が有り、弊社に合うかを図りたいので
必然的に質問が多くなります。

 

もちろん質問の回答によっては
お見送りになることも有りますが
基本的には良い傾向なのは間違いありません。

 

なので。
「なんか質問が多いな…」とか
「やたら深堀して聞いてくるな…」と思ったら
良い傾向にあるので
企業がどう答えて欲しいかをニーズを読み取り答えて下さい。

 

 

これも前章と同じ考え方で
お見送りになる人の場合は質問は形式的しかせず
良い頃合いの所で面接を切り上げます。

 

よって。
質問がやたらと多い場合は
合格サインの可能性が高いと言えます!

僕が一番伝えたいこと…

いかがでしたでしょうか?
まずは復習をしていきましょう。

 

面接中に分かる合格サイン・合格フラグ5選
合格サイン①:次の選考についての具体的な話がある
合格サイン②:会社の説明や魅力をアピールされる
合格サイン③:面接の時間が予定よりも長い
合格サイン④:面接に色んな人が出てくる
合格サイン⑤:質問がやたらと多い

 

 

ひとつ注意なのが。
これはあくまで傾向の話なので
上記のサインが出れば必ず合格という事ではありません。
ですので気を抜いてしまうのは絶対にやめましょう。

 

 

ただ間違いなくネガティブな印象は持たれていないはずなので
もし上記のサインが出た場合には
「よし!もしかしたら好印象に見てもらえてるかもしれない!」と
ポジティブにとらえ焦らず
落ち着いて面接を受けて頂き
内定に近づけて頂ければと思います。

 

 

ただ忘れてはいけないのが
大切なのは「面接中に分かる合格サイン・合格フラグ」ではありません。

 

面接というのは
あくまであなたと企業のご意向がマッチしているか?
という点を確認しあう場です。

 

 

もちろん面接という
企業が応募者をマッチしているか?を判断する場なので
応募者としては応募企業へのアピールは非常に重要です。

 

 

ですが応募企業に自己PRをして内定をもらっても
あなたが面接で応募企業に合わないと感じたら
内定辞退をしても問題ありません。

 

 

ポイントは応募者側が
内定を受けるか?受けないか?
選択できる状況を作る事が非常に重要という事です。

 

 

まずはココを目指して良い転職に繋げて頂ければと思います。
ぜひ参考にしてください。

 

お疲れ様でした!
あなたの良い転職に繋がりますように。

おすすめの記事