おすすめ記事
【意外と多い】面接官に嫌われる人の特徴3選

メガネ転職コンサル
転職で未来をハッピーに!
どうも、メガネ転職コンサルの池田です。

外国人秘書(ジェシカ)
こんにちは!
秘書のジェシカです。

意外と多い面接官に嫌われる人の特徴厳選3選
というテーマでお話をしていきたいと思います。

 

メガネ転職コンサル
あなたはやっと書類選考を通過できたものの
この様な状態になっていませんでしょうか?

こんな状態ではありませんか?

  1. 1次面接通過がなかなかできない
  2. 面接中に不穏な空気になったりすることがよくある
  3. 面接官を不機嫌にさせたことがある など

 

もしあなたがそのまま改善せずに面接を受け続けていた場合
あなたは面接通過できず結局転職できない可能性が高いです。

 

ですが安心してください。
この記事を最後まで読んで頂ければ…

この記事を読むメリット

  1. 面接で相手を不機嫌にさせない方法が分かり
  2. 面接での評価が良くなる改善策を知り内定を多くもらえようになり
  3. あなたの良い転職、ハッピーな未来に繋がります

 

面接官で相手を不機嫌にしてしまう人は残念ながらいます。
そういう人は当然面接通過できません。

 

メガネ転職コンサル

今回話す面接官に嫌われる人は
生意気な態度、失礼な態度、見た目が汚い、雰囲気が暗いという様な
当たり前なことは除外した意外とみんなやってしまっている特徴について話します。

ぜひあなたが当てはまっていないかチェックをしながらご覧ください。

外国人秘書(ジェシカ)
確かに面接でピリッとした雰囲気になったことは
何度かあるね…。意外とみんなやっているってのは何だろう?

この転職ブログは…

転職コンサルタント歴9年目、面談人数2000人以上、
担当企業300社以上、月間7万PVを越える転職情報サイトを運営し
転職本の出版をし、現在独立をした僕が転職にまつわる
  • 転職ノウハウ
  • 職業、業界研究
  • 面接対策
  • 社会情勢から考える転職
  • 転職に役立つ資格 など
様々な観点から転職に役立つ記事を書いている転職ブログです。

面接官に嫌われる人の特徴①:質問に答えられていない人

メガネ転職コンサル

面接官に嫌われる人の特徴一つ目は…
質問に答えられていない人です。

 

質問に答えられていない人はやはり嫌われます。
一回だけならまだしも、何回も続くとうんざりされて嫌われます。

 

例えば…

  1. 志望動機を聞いているのに、転職理由を話す
  2. 成功体験を聞いているのに、仕事内容を話す
  3. 転職理由を聞いているのに、成功体験を話す など

この様な人です。

外国人秘書(ジェシカ)
いやいや、こんな人いなくない?

メガネ転職コンサル

そう思うよね。
でも面接は緊張している人がほとんどなので
質問に答えられていない人は意外と多いです。

 

ただし面接官側もそれを理解をしているので
質問に答えられていない場合、もう一度別の角度で質問をしたりしますが
さすがに何回も的外れな答えが続くと…

例えば…

  • コミュニケーション能力が低い人
  • この人は会話ができない人
  • この人はナシだから時間の無駄だ
  • 面接を早く終わらせて次の仕事をしよう

この様に思われてしまい嫌われてしまいます。

 

ではどうすれば緊張している面接で
適切な発言ができるようにできるのか?
それは…相手が何を求めているかを意識しましょう。

 

メガネ転職コンサル

これは質問を表層的なただの質問として捉えるのではなく
その質問の先にある相手が本当聞きたい事を想像するという意味です。
例えば…

 

志望動機を聞かれた場合

  1. 志望度を図りたい
  2. どのように貢献できるかを知りたい
  3. 強みをどうアピールをできるのか知りたい
  4. 会社のことをどれくらい勉強してきたか知りたい など

転職理由を聞かれた場合

  1. 逃げの転職なのか知りたい
  2. 挫折しやすい人か知りたい
  3. トラブルを起こす人か知りたい
  4. 自分の非を認められる人か知りたい
  5. 前向きな転職なのか知りたい など

お酒が飲めるか聞かれた場合

  1. うちは飲み会が多いけど大丈夫か知りたい
  2. 飲み会などで打ち解けらるタイプなのか知りたい
  3. うちは飲み会が少ないけど酒飲みだった場合アンマッチにならないか知りたい など

 

この様に質問の意図は会社によって変わってきますが
大切なのは相手が質問をする意図を想像して答えることで
的外れな発言を防げるということです。

 

メガネ転職コンサル

的外れな回答をしてしまう人は
相手が何を求めているかを想像できておらず
自分が話したい事を話してしまうケースが多いです。

外国人秘書(ジェシカ)
自分が話したい事を話してしまうケース…
なんだか胸が痛い。

重要POINT!!

そうではなく相手が何を求めてその質問をしているか?
相手が求めている相応しい発言は何か?
この相手目線が持てるかが面接では非常に重要です。

 

緊張を和らげるためにも、相手が何を望んでいるかを想像して答える
クイズゲームの様なイメージで面接に臨んでみればより良いです。
もちろん簡単な話ではありませんが、この意識が質問に相応しい回答に近づけてくれます。
ぜひ実践してみてください。

 

以上の事から
面接官に嫌われる人の特徴一つ目は…
質問に答えられていない人となります。

面接官に嫌われる人の特徴②:マニュアルっぽい抽象的な発言をする人

メガネ転職コンサル

面接官に嫌われる人の特徴二つ目は…
マニュアルっぽい抽象的な発言をする人です。

 

僕が一番嫌いなタイプですが
綺麗ごとばかりの本心が見えない
抽象的なマニュアル発言ばかりする人は嫌われます。

例えば…

  1. 志望動機を聞いたら、経営理念に共感したと薄い内容で話す人
  2. 転職理由を聞いたら、漠然とキャリアアップしたいと話す人
  3. 逆質問をしたら、御社の今抱えている課題は何ですかと意図が分からない定型質問をする人

 

この様な発言を全て本心で言っており、深い所で話すのなら何も問題ありません。
しかし、僕が今言っているのは回答に対して深堀して聞くと
子供用プール位の浅い答えしか返ってこない
「マニュアル的発言しかできない思考停止の人間」
この思われるような発言がダメだと言っています。

 

メガネ転職コンサル

もし僕が面接官でマニュアル的な抽象的発言ばかりをされたら
「新卒の面接じゃないんだから、もっと対等に本心で語ってくれよ」と心から思います。

外国人秘書(ジェシカ)
確かに面接している側目線で考えると
当たり障りのない発言ばかりの人って微妙に思うかもね。

これは面接官の経験している人であれば必ず共感してくれる話だと思います。
こんなマニュアル発言ばかりしてたら、うんざりされ嫌われ必ず落とされます。

 

ではマニュアル発言をしないようにするにはどうすれば良いのか?
それは…本音で話す事を意識しましょう。

 

メガネ転職コンサル

こういう話をすると勘違いしてしまう人がいますが
本心をそのまま話していいと言っている訳ではありません。
大切なのは本心をどう上手に工夫して話すかが重要です。

 

例えば…

  1. 年収が高い所を魅力的に思った場合→適性に評価してくれる環境に魅力を感じた
  2. 現職の働き方がキツくて転職活動している→長く腰を据えて働ける環境を求めて転職活動をしている
  3. 今の仕事はもうやりたくない→本気でやりたい仕事を見つけられ御社の求人に応募した など

 

メガネ転職コンサル

この様に言い方を工夫して本音で話せば、
あなたも本当の気持ちで話しているため自然と言葉に熱が入ります。
そうすることであなたへの信頼感や覚悟がしっかりと伝わり
一緒に働きたいと思ってもらえる可能性が高まります。

 

重要POINT!!

面接で良い事を言おう、正しい事を言おうとして
緊張してしまう人がいますが、その気持ちは分かります。
しかし、この様な自分を良く見せようとするのは
緊張を高めて負のスパイラルに入ってしまうので
自分を良く見せようではなく自分の気持ちを伝えように意識を転換してください。

そうすることで、緊張も減り、あなたの発言に信頼性が生まれ、
マニュアル的な抽象的発言が自然となくなり
あなたの良さがちゃんと伝えられる面接になります。

 

メガネ転職コンサル

もしここまで表現できて面接通過できなかったら
これはもう相性の問題なので気にする必要ありません。切り替えて次にいきましょう。
もっと良い相性の良い会社が別にあります。

 

簡単にまとめると、マニュアル的な抽象的発言は嫌われるので

  1. 言い方を工夫して本音で話し
  2. 自分を良く見せようとするのでははなく
  3. 想いを伝えように変換して面接に臨みましょう

 

以上の事から
面接官に嫌われる人の特徴二つ目は…
マニュアルっぽい抽象的な発言をする人となります。

面接官に嫌われる人の特徴③:話が長過ぎるもしくは短すぎる人

メガネ転職コンサル

面接官に嫌われる人の特徴三つ目は…
話が長過ぎるもしくは短すぎる人です。

 

よくあるケースとしては…

  1. 自己PRを沢山しようとして、話が長くなり過ぎる人
  2. ロジカルに話そうとして、話が短くなり過ぎる人
主にこの2つのケースが考えられますが
この様な人は面接官から嫌われる可能性が高いです。

 

なぜなら話が長過ぎる人は空気が読めない人。
話が短すぎる人は志望度が低いと評価されるからです。

 

まだ話が短い人の方が追って深堀した質問をすれば
真意が見えるのでまだ良いです。

しかし話が長すぎる人は…

  1. 面接のタイムコントロールができない
  2. 次の面接などにも支障が出る
  3. 退屈な気持ちになってくる

この様な理由からより注意が必要です。

 

メガネ転職コンサル

これは僕の肌感覚としては
35歳以上の人は話が長くなる傾向があり
35歳未満の人は話が短くなる傾向があるので
あなたも注意をしてみてください。

外国人秘書(ジェシカ)
なんか心当たりあるかも(笑)
おじさんの話は長いからね。

 

では話が長過ぎる人もしくは短すぎる人はどうすれば良いのか?
それは…相手の顔色をその都度チェックしましょう。

 

よくいる人
いやいやそんな簡単な事かよ!
拍子抜けしたわ!

メガネ転職コンサル

この様に思われたかもしれませんが
実際にはほとんどの人が面接でちょうどいい量で回答できていません。

 

話が長すぎる人の場合

話が長すぎる傾向がある人は、話し終わった後に
相手の顔色を伺い長いと思われていそうだった時には
「話が長くなり過ぎて申し訳ありませんでした。以後気を付けます」
このセリフを加えましょう。
これを言えるか言えないかで大きく印象が変わるので
話が長くなる傾向の人はぜひ意識をしてください。

話が短すぎる人は場合

話が短すぎる傾向がある人は、もう少し詳しい話しをして欲しそうだと感じた場合
「伝えきれていない部分がありましたので少し補足をさせてください」
と言って深堀して話すようにしてみてください。
ここもこの一言が言えるか言えないかで大きく印象が変わります。
少し難易度が高いですが余裕のある人は実践してみてください。

 

この様にやはり大切なのは1章目で話した適正な回答ができるかという事です。
つまり気持ちよく会話のキャッチボールがができるかどうかです。
これは人間が面接を行う限り根源的に重要な配慮・スキルです。

 

メガネ転職コンサル

またこの考え方は面接という場だけでなく
仕事でコミュニケーションを取る時にも有用な考え方なので
クライアントとの会話・上司との会話・先輩との会話などから
ぜひ意識をして日々トレーニングをすることをおすすめをします。

 

また面接というのは、即戦力性・会社との相性が重要ですが
それと同等くらいに人間性というのが大切になってきます。
いくら即戦力性が高くても、会社の文化が合っていたとしても
「なんかこの人と働きたくないな」と思われれば面接通過できません。内定獲得できません。

外国人秘書(ジェシカ)
確かにそうだよね。どんなに優秀な人でも
面倒くさそうだったり、トラブルを起こしそうだったりしたら
見送るのが一般的だよね。

重要POINT!!

ですので付け焼刃的な面接対策ではなく
日々のあなたの行いが面接に現れるという事を意識しましょう。
これは面接通過するために日々、品行方正にしなさいと
限定的な話している訳ではなくあなたのどんな場面でも
得をしやすくするため、生きやすくするために重要なスキル・考え方なので
ぜひ日常から取り入れて欲しいです。

 

メガネ転職コンサル

話が長すぎる人、話が短すぎる人は
コミュニケーションが取りづらい傾向があるので
心当たりがある方はぜひ今からでも意識してみてください。

 

以上の事から
面接官に嫌われる人の特徴三つ目は…
話が長過ぎるもしくは短すぎる人となります。

僕が一番伝えたいこと

はい、いかがでしょうか?
まずは復習をしていきましょう。

 

面接官に嫌われる人の特徴3選
  1. 質問に答えられていない人
  2. マニュアルっぽい抽象的な発言をする人
  3. 話が長過ぎるもしくは短すぎる人

今回はこの3つのケースを紹介しました。

 

メガネ転職コンサル

ただ僕が一番伝えたいことは…
面接のテクニック論だけで勝負するなということです。

 

僕が言うべき話ではありませんが
面接のテクニックは確かに有りますが
テクニックだけ追っても内定獲得でません。

 

土壌がしっかりしていなければいくら強い品種の種でも花は咲きません。
つまりあなたの人間性が低ければ
どんなに有用な面接テクニックも使おうとしても
効果は発揮されず、かえって悪い印象にもなるということです。

 

現実はドラクエの様に

レベル1の人が強い武器を持てば強くなるわけではありません。
現実はレベル1に人に強い武器(面接テクニック)を扱えません。
レベル1の人には、レベル1の人に合う戦略があります。
レベル40の人には、レベル40の人に合う戦略があります。

 

だからこそ転職活動は十人十色、千差万別のため
あなたに合った正しい戦略と努力が必要です。

 

学歴に自信がない人、転職回数が多い人、正社員経験が少ない人、
どんなに今苦しい人でも正しい戦略と努力ができれば
必ず転職で未来をハッピーにできます。人生を変えられます。

 

メガネ転職コンサル

後ろ向きになる必要はありません。
選択できる現代ならかならず誰でも挽回できます。
そんな転職のお手伝いを僕が直接いろんな形でやらせて頂いているので
興味のある方は下記をご覧ください。

 

  1. 僕の初書籍はコチラから
  2. 僕への転職相談はコチラから
  3. 僕が運営する転職サロンはコチラから
  4. 僕が行っている転職セミナーはコチラから
  5. 僕のオンラインショップはコチラから
  6. 僕がおすすめする大手転職エージェントはコチラから
  7. 僕がおすすめする第二新卒向け転職エージェントはコチラから

 

メガネ転職コンサル

世知辛い世の中ですが一緒に頑張っていきましょう。
きっと大丈夫です。
厳しい事が多い現代ですが一緒に頑張っていきましょう。
また下記記事も参考になると思いますので
宜しければご覧ください。

 

 

 

おすすめの記事