おススメ記事
転職しない方がいい職業3選

メガネ転職コンサル
こんにちは!
メガネ転職コンサルの池田です。
今回は転職しない方がいい職業3選というテーマで
お話をしていきたいと思います。
転職したいと思っても
どんな仕事に転職をしたいか
分からない人は多いと思います。
そして転職エージェントや知人紹介で
あまりよく調べず言われるがままに
大変な仕事に就いてしまい
苦しんでいる人が多いのが現状です。
ですので今回は…
そんな人がこれ以上増えない様に!
もしあなたがこの職業に就くなら
相当な覚悟を持たないと大変ですよ!
という想いで転職しない方がいい職業を紹介していきます。
もし何も知らずにあなたに合わない
転職してしまった場合この様なリスクがあります。

おススメしない職業に就いた場合のリスク
・短期離職をして路頭に迷う
・仕事が合わなくてうつ病になる
・キャリアが変わってしまい次に転職しづらくなる
・稼げず低所得者になる
・プライベートの時間が無くなる など
この様なリスクがあるので
ぜひこれから紹介する僕がおススメしない職業には
注意と覚悟を持って転職をして頂ければと思います。
また予めお伝えをしたいのが…
これから紹介する仕事への
職業批判をする意図は全くありません。
ただこれから紹介する職業は非常に大変な仕事なので
転職をする人は覚悟を持って臨んでほしいという意図なので
こういうテーマを扱う以上批判を覚悟で話しますが
念の為、僕の想いも伝えさせてください。

メガネ転職コンサル
当たり障りない発言は役に立たないので
批判覚悟で話しますので
ぜひ最後までご覧ください!

外国人秘書
マジで夜道に気を付けろよ!

おススメしない仕事 その①

それは個人営業です!

 

 

営業職を大きく分けると
企業に対して営業をする法人営業と
個人に対して営業する個人営業に分けられます。

 

 

法人営業は非常におススメの職種で
別の記事で詳しく紹介をしているので宜しければご覧ください。

法人営業の魅力(こちらから記事に飛べます)

 

 

ただ法人営業とは反対に個人営業はおススメしません。
具体的な仕事で言えば・・・
保険営業、不動産営業、証券営業、車、ネット回線など
色々業態での個人営業が有ります。

 

 

 

ではなぜ個人営業をおススメしないのか?
理由はこの5つです!

 

 

個人営業をおススメしない理由

①クレームが多くストレスが多い
②飛び込み営業が多い
③ノルマが厳しい
④土日に休めない
⑤売れないと稼げない

 

この5つの理由から
個人営業はおススメしません。

 

 

確かに法人営業でも共通する大変な事は有りますが
それでも個人営業の方が感覚値として1.5~2倍位しんどいです。
そして離職率も実際に非常に高いです。

 

 

 

また特に保険営業の様なフルコミッション型が多く
売れる人は稼げますが
売れない人は家族や友人に加入してもらった後は
売上を作れず稼げない人が多いです。

 

 

 

またキャリアとしても
法人営業から個人営業は転職しやすいですが
個人営業から法人営業への転職はしづらい傾向があります。

 

 

またこれは僕の偏見も入っていますが
法人営業の方と個人営業の方では
ビジネスマンとしてのレベルが違う様に感じます。

 

 

メガネ転職コンサル
やはり普段から法人相手に営業をしている人の方が
色々としっかりしている印象が強いです。

 

 

 

ですので
もしあなたが飛び込み営業やノルマが厳しい環境でも
実績を作れる自信がある、稼ぎたいんだ!という方は
個人営業は非常におすすめです。

 

 

しかし!
僕のこの話を聞いて二の足を踏むようなら
辞めておきましょう。
厳しい言い方になりますが
入社前からビビっている人が生き残れる甘い世界ではありません。

おススメしない仕事 その②

それはタクシー運転手です!

 

タクシー運転手は
運転手の高齢化、観光客の増加、低年収、ネガティブな職業イメージから
現在は人手不足です。

 

 

この様な状況のためタクシー会社は
人材確保の為に広告やプロモーションを打っていますが
僕はタクシー運転手はおススメしません。

 

 

なぜタクシー運転手をおススメしないか?
理由はこの5つです。

 

タクシー運転手をおススメしない理由

①仕事の将来性
②不規則なシフト
③低賃金
④健康面のリスクが高い
⑤事故やお客さんとのトラブルが多い

 

この5つの理由から
僕はタクシー運転手はおススメしません。

 

特に①の将来性はポイントです。

 

 

先ほど説明をしたように
今はタクシー運転手は人手不足ですが
将来性を考えると僕は衰退していくと予測をしています。
理由は自動運転の普及です。

 

 

ここ5年~10年で都内は自動運転が普及すると僕は予測しています。
現実に2020年に5G通信回線の開始
そして自動運転のレベルもどんどん上がっています。



※(画像をクリックすると記事に飛びます)

 

 

そうなるとタクシー運転手のニーズがなくなります。

 

 

また仮にあなたがいま27歳だとします。
もしタクシー運転手として10年勤め
タクシー運転手のニーズがなくなった場合
37歳のタクシー運転手のコアスキルのあなたを
誰が評価し採用をしてくれるでしょうか?

 

 

この様に考えるとタクシー運転手は
将来性のリスクが高い職業だと僕は考えています。

 

 

またかなり大変な仕事の割に
低賃金なのもお勧めできないポイントです。
こちらのグラフをご覧ください。

 

 

メガネ転職コンサル
同じ肉体労働であれば…
稼げて、人間らしい生活ができて、技術も付けられる、また将来性もある
いわゆるとび職や土方をおススメします。

 

 

 

僕もタクシーはよく利用をしていて
運転手さんにいつも感謝をしていますが
もしあなたがタクシー運転手になりたいという場合は
長い目で見たリスクと覚悟を持ってチャレンジしましょう!

おススメしない仕事 その③

それは飲食店スタッフです!

 

 

僕は外食が大好きで
飲食店スタッフの皆さんには非常に感謝をしていますが
転職という軸で考えた時には
飲食店スタッフはおススメできない仕事だと思っています。

 

 

 

ではなせ飲食店スタッフが
おススメできない仕事なのか?
理由はこの5つです!

 

 

飲食店スタッフをおススメしない理由
①高い離職率
②長時間労働
③少ない年間休日
④体力的にキツイ
⑤年収が低い

 

飲食店スタッフは入社のハードルが非常に低くいですが
離職率が非常に高い仕事です。
こちらのグラフをご覧ください。

こちらのグラフを見て分かる通り
他業界と比べ非常に離職率が高い業界です。

 

 

 

また年収も高くありません。
こちらのグラフをご覧ください。

 

この様に離職率が高く年収も低い事から
人手不足が当たり前の業界です。

 

 

また飲食店スタッフや店長業務のキャリアは
店舗スタッフ以外の職業に転職がしづらいです。

 

 

なのでこれからも
店舗運営に携わりたいという事であれば
専門性が高い職業と言えますが
数年後に転職を見据えている場合
店舗スタッフのキャリアが逆に障害になる可能性があります。

 

 

 

以上の理由から
もしあなたが飲食店スタッフに転職する場合は
長い目で見たリスクと覚悟を持ってチャレンジしましょう!

 

 

 

メガネ転職コンサル
ただし飲食店の経営は繁盛すれば非常に儲かるので
当然リスクはありますが
そちらを目指す事をおススメします。

僕が一番伝えたい事…

 

いかがでしょうか?
まずは復習をしていきましょう。

 

転職しない方がいい仕事3選
①個人営業
②タクシー運転手
③飲食店スタッフ

 

これらの仕事は世の中への価値提供が高く
成功者にフォーカスされがちな仕事ですが
現実は…
非常にハードで長く続けづらい仕事で
離職率が高く成功者が少ない職業とも言えます。

 

 

 

いまこちらの仕事に従事している人達に
大変申し訳ないのですが…
なるべく僕の主観が入り過ぎないように
客観的なリスクを並べたつもりです。

 

 

 

ですので、
今からこの職業にチャレンジしてやるんだ!
という人はぜひこのリスクを理解した上で
頑張って欲しいと思っています。

 

 

 

今回は転職しない方がいい職業という
非常にセンシティブなテーマで話をしましたが
これは究極…何の仕事も同じです。

 

 

 

メガネ転職コンサル
偉そうにこの様に僕も話していますが
僕の転職エージェントの仕事も
非常に離職率が高く稼げない人も多い職業です。

 

 

なので究極は…
・あなたに合った職業に転職ができるか?
・あなたが辛くても続けられる職業に転職ができるか?
・あなたの今の悩みを解決できる職業に転職ができるか?

 

 

どんなに辛いと言われている職業であっても
あなたにとってどうなのか?という点が非常に大切です。

 

 

この点を忘れず
後悔のない転職が出来るように
ぜひ情報収集を怠らず
あなたの良い転職に繋げて頂ければ嬉しいです。

 

 

ぜひ参考にして見て下さい。
お疲れ様でした!
あなたの良い転職に繋がりますように。

 

おススメの職種の記事も有るので宜しければこちらもご覧ください。
①未経験から転職できるおススメの職種
②未経験から転職できるおススメの職種【Part2】

おすすめの記事