おススメ記事
【令和の働き方】終身雇用崩壊と転職の思考法

こんにちは!
タイトルにも書いた通り。
終身雇用制度崩壊により
転職が主流の時代になりました
(あえて言い切ります)

 

みんなも薄々分かっていたと思いますが
日本経済団体連合会(経団連)
中西宏明会長が4月19日の発言で
終身雇用崩壊がほぼ確定しました。

 

今回はこの件について
転職という軸から考えてみます!

 

経団連の中西宏明会長の発言詳細

まず改めてニュースの内容です。

 

本経済団体連合会(経団連)の
中西宏明会長が4月19日
下記の発言をしました。

 

「正直言って、経済界は終身雇用なんてもう守れないと思っているんです。
どうやって、そういう社会のシステムを作り変えていくか。
そういうことだというふうに(大学側と)お互いに理解が進んでいる」と述べました。

 

どういう事か?
噛み砕いて考えると…

 

もう終身雇用の時代は終わったから
大企業に就職しても期待するなよ?

だから自分の身は自分で守ってくれよな!
よろしく☆
という事!
これを聞いて
あなたはどう思いましたか?
改めて終身雇用制度とは何なのか?
おさらいしてみましょう。

終身雇用制度とは?

終身雇用制度とは
1950年頃に導入をされた
企業が従業員を生涯にわたって雇用する制度を指した言葉です。

しかし法律などで明確に定義された制度ではなく
企業が目標のような形で取り入れていましました。

噛み砕いて言うと…
「入社してくれれば定年まで雇用するからウチで働いてね!」
という企業からメリットを伝えていたという事です。

法改正により4月1日より副業解禁

また中西会長の発言だけでなく
2019年4月1日法改正で
これまで決して容認されることのなかった副業・兼業を
政府が各企業に普及促進を図ることになったのです。

 

どういう事か?
これも噛み砕いて言うと…

 

20歳~50歳までの年収が増えず
人口減少が加速してしまう…
このままではさらに年金をまかなえん!企業に賃金アップを要求しているが中々そうはならない。こうなったら副業を解禁させて
年収を上げさせよう!そうすれば企業も
従業員の年収を上げなくて済むし
賛成するだろう!
これで万事解決だ!

だからみんな…
副業してお金持ちになって
結婚して子供をたくさん作ってね☆

そしてこれからの少子高齢化を
少しでも変えてね。
よろしく☆

外国人秘書
…ツマリ我々ワドウスレバイインダ?

今までは会社にしがみつけば
生きていけたけど
もう何の保証もない!
だから…

自分の頭でどう生きていくか?
仕事をしていくか?
考えなきゃダメだよって事だね。
世はまさにサバイバル時代ってこと!

転職を常に考えなければ豊かになれない

 

2019年4月の出来事
経団連の中西宏明会長の発言
・政府の副業促進の意図

 

この2点から分かる様に
これからの時代
自分自身に専門性をつけて
どんな状況でも稼げるようにならないと
真の安定はないという事。

 

 

雇用形態が正社員だから大丈夫とか。
雇用形態が派遣社員だからいつ切られるか分からないとか。
フリーランスだから色々渡り歩けるから大丈夫とか。
そういう次元の話ではないです。

 

 

さらに世は人生百年時代。
おそらく我々は
年金をもらえない可能性が高い。
となると。
これからは年老いても
仕事をしていないと
生きていけないという事。

 

 

つまり。
僕は。あなたは。
何かのプロフェッショナルに
ならないと生きていけない。

 

 

また更に難しいのが…
今存在している職業が
なくなる可能性があるという事。

 

 

 

「俺はこのプロとしてやっていくんだ!」
と決意をして邁進しても
20年後誰からも求められない仕事のプロでは
お金は稼げません。
生きていけません。

 

 

なので。
時流を読み
今の自分の職業が安泰なのか?
常にアンテナを張っておく。

 

 

そしてもし
今の仕事がなくなる可能性が
あるのであれば
今のスキルをどう変化させて
求めらる職業にチェンジしていくのか?

 

 

この様に常に考えて
生きていかなければならない。

 

 

だから僕はみんなに言いたい。
あなたは何の人ですか?
あなたは何のプロフェッショナルですか?と。

 

 

この問いに常に答えられるように
仕事をしていきましょう。
そしていつでも転職できるような気持ちで働きましょう!
ぶっちゃけ…僕の仕事も将来がかなり不安です。

僕が一番伝えたい事…

いかがでしたでしょうか?

 

正直。
終身雇用崩壊なんて
今更かよ!知ってたよ!
と思っている人も多いかと思います。

 

 

でも暗黙の了解で
終身雇用崩壊を認めているのと
経団連のこの様な発言があった現実とでは
意味合いが大きく違うと僕は思います。

 

 

でも僕は…
これで良かったのかなと
実は思っています。

 

 

この様な働き方の方が健全な気がします。
ビジネスでも自然でも弱肉強食の方が
張り合いがあって
やりがいも感じられるかなって思います。

 

 

また選択肢がたくさん有るという事は
ある意味贅沢な悩みだと思います。
昔の日本人が今の働き方を見たら
きっと羨ましがるんじゃないかなって思います。

 

 

よって。
今のこの時代はリスクが多い!
ヤバイ!どうしよう!
老人になっても働くのヤダ!!
とネガティブに捉えるという事ではなく。

 

 

『リスクはあるけど
色んな選択肢が持てるからこその
喜びやヤリガイがあるし楽しみながら頑張ろう!
もし上手く時代に乗れれば
誰でも稼ぐことが出来る!』

 

 

これくらい発想をプラスに変換して
仕事をしていきたいなって。
生きていたいなって思います。

 

 

大変な時代ですが…
一緒に頑張りましょう!

 

 

お疲れ様でした。
この記事があなたの良い転職に繋がります様に。

 

 

合わせて読んで欲しい記事

おすすめの記事