おススメ記事
35歳以上で転職に成功する人の特徴3選

こんにちは!
メガネ転職コンサルの池田です。

 

今回は35歳以上で転職に成功する人の特徴3選!
というテーマで話をしていきたいと思います。

 

よく35歳転職限界説と巷では言われていますが
僕は全然そんな説は無いと思っています。

 

今の日本は。
外資系企業だけでなく日系企業も
35歳以上の求人
45歳以上の求人がどんどん増えています。

 

 

でも35歳以上の人がみんな
転職に成功しているか?
これは違います。

 

 

やはり35歳以上で
転職に成功する人には3つの共通点が有りますので
今回はこの3つにフォーカスをして話をしていきます!

 

 

まだ35歳未満の方も
この話を聞いて
今のうちから自分のキャリアをどう展開させれば
この時代を有利に生きられるか?
参考にして頂ければと思います!

 

35歳以上の人がただ転職するだけではなく
35歳以上の人が転職成功できるか?
これには共通点があるという事です!

外国人秘書
確かにそれは気になるかも!!

35歳以上で転職に成功する人の特徴 その①

特徴①:専門スキルが高い人

 

この話は今まで出した動画で
口酸っぱく何度も伝えていますが
 

 

 

厳しい言い方をすれば
「あなたが何をやりたいか?」
という事よりも
「あなたはウチでどのように貢献をしてくれますか?」
ココを求められているのです。

 

 

これは25歳~35歳の転職も同様ですが
35歳以上はより即戦力・専門性を求められます。

 

 

なぜか?それは…
若手と同レベルの専門性であれば
扱いやすく・給料が低い若手を採用したいと企業は考えています。

 

 

つまり35歳以上の人を採用したい企業は
より高度な専門性を求めているという事です。

 

よって専門性が高い人は
・年収が高いオファーだったり
・社格が高い企業からのオファーだったり
・役職付きのオファーだったり
・労働条件が良いオファーだったり
この様なオファーを貰える可能性が高いという事です。

 

 

ですので。
専門性が高い人=転職成功に繋がりやすい
という式が成り立つという事です。

 

 

一番危険なのは
35歳以上で未経験可能!と
謳っている求人です。

 

 

専門性を求めていない
いわば誰でもできる求人。
もしくは離職率が非常に高い仕事の為
大量採用をしている求人。
所謂ブラック企業の求人の可能性が非常に高いのです。

 

 

だから僕は。
年収だけではなく

好きな仕事で長く続けられる仕事を見つけて
専門性を高めて欲しい!

と色んな所で話をしているという事ですね

 

 

繰り返しますが
35歳以上の人に求めらているのは
とにもかくにも即戦力・専門性です!

35歳以上で転職に成功する人の特徴 その②

特徴②:マネジメント経験が有る人

 

企業が35歳以上の人材を求める理由として
マネージャークラスを採用したいという背景が多く有ります。

 

 

マネージャークラスを採用する理由
・既存メンバーではマネジメント出来る人がいなかったり
・マネージャーが退職してしまったり
・組織改編による新部署設立だったり
・中間層の人材が居なかったり

この様な採用背景がある場合にマネジメントができる35歳以上の人材を求めらます。

 

 

よって。
35歳以上の求人は
マネジメントができる人が求められる傾向があるので
マネジメント経験豊富な人は
転職成功できる可能性が高まります。

この様な理屈です。

 

 

ですが!
最近は少しずつ変わってきていると
感じている部分も正直有ります。

 

 

企業が大きければ
マネジメントができる人材を求められますが
最近はスタートアップ求人も結構多いので
マネジメントスキルよりも
プレイヤーとして35歳以上の人材を
求められる事も多くなっています。

 

 

いわゆるプレイイングマネージャーという役割ですね。

 

 

ですのでイメージ的には。
大きな組織であればマネジメントが求められる傾向が有り
小さな組織であればプレイヤーとしてのスキルを求められる傾向が有る。
あくまでイメージですが
この様な考え方になります。

 

 

よって。
プレイヤーとしての専門スキルも高く
マネジメント経験も豊富に有る人は最強
という事になりますね。

35歳以上で転職に成功する人の特徴 その③

特徴③:柔軟性が有る人

 

今の時代。
変化のスピードが本当に速いです。

 

 

企業も。
「このポジションで採用したけど状況によっては配置転換しなければならない」
という事も必ず考えています。

 

 

ですので35歳以上の人で
「自分はこれしかやりたくない!!」
と思っている人を採用してしまうと
後々の問題が起こりやすく
トラブルになりかねないと企業は考えています。

 

 

またこれは僕自身も気を付けている事なのですが
過去の成功体験に囚われ過ぎてしまい
時代についていけず
これからの会社・自身の発展の妨げになる事もあるのです。

 

 

この様に。
柔軟性というのは今非常に求められています。

 

特に年齢を重ねると
新しいモノを受け入れられず
柔軟性に欠けてしまいがちです。

 

 

だからこそ。
面接でこの柔軟性というのは
重要視をされていますので
必ず意識して面接にのぞみましょう!

僕が一番伝えたい事…

いかがでしょうか?
まずは復習をしていきたいと思います。

 

35歳以上で転職に成功する人の特徴3選
①専門スキルが高い人
②マネジメント経験が有る人
③柔軟性が有る人
この3つを持っている人は
35歳以上でも転職がしやすく
転職に成功している人が非常に多いです。
25歳~35歳まではどちらかというと
これからどんな経験をつけたら良いか?
どんな道に進んだ方が良いか?
と選択肢が多くこれからをどう作り上げていくか?
というフェイズです。
しかし、35歳の転職は。
今までどんな仕事をしてきたか?
今までどんな成功体験・実績を作ってきたか?
今までどう生きてきたか?

この「今まで」が大前提となった上で
あらかた方向が決まってしまいます。
残酷な事に。35歳以上で
これから一発奮起で大きく変えていく!というのは
転職では難しい傾向にあります。
もしあなたが35歳未満であれば
専門性・マネジメント経験・柔軟性を意識して
仕事をして生きて欲しいです。
もしあなたが35歳以上で
専門性・マネジメント経験・柔軟性が無ければ
転職成功という意味では
難しくなる傾向があります。
そこを覚悟した上で
・転職をした方が良いのか?
・転職しない方が良いのか?
・はたまた起業にした方が良いのか?
・フリーランスになるのか?
広く考えた方が良いと思います。
僕がいま話したのは
転職という枠組みで考えた
本当に小さな限定的な話です。
今までの仕事や生き方に自信が無い人は
転職ではない別のやり方・考え方も含めて
あなたらしい人生を送ってもらえたらなって思っています。
仕事だけが人生では有りません。
特にこの時代は色々選択時代です。

僕も現33歳でもうすぐ35歳以上枠に入ります。
一緒にこの時代を楽しくハッピーに過ごせるように頑張りましょう!
※35歳以上の方で下記記事を読んでない人は必ず併せて読んでください!
お疲れ様でした!
この記事があなたの良い転職に繋がります様に。
おすすめの記事