おススメ記事
【保存版】転職エージェントから嫌われる人の特徴3選

メガネ転職コンサル
転職で未来をハッピーに!
どうも、メガネ転職コンサルの池田です。

外国人秘書(ジェシカ)
こんにちは!
秘書のジェシカです。

今回は転職エージェントから嫌われる人の特徴3選
というテーマでお話をしていきたいと思います。

 

あなたは転職活動するにおいて転職エージェントを利用していますでしょうか?
もしエージェントを利用していた場合この様な状況になっていませんでしょうか?

この様な経験はありませんか?

  1. 登録直後は求人紹介されたけどその後パッタリ連絡がない
  2. 質問に対しての返答が雑であしらわれている印象を受ける
  3. 問い合わせをしているのに無視をされている など

もしあなたがこの様な状態になっている場合
あなたはエージェントから嫌われ、ブラックリストに入れられ、
転職サポートをされず大きな機会損失をしてしまっているかもしれません。

 

転職活動するにおいて、転職エージェントを必ず使う必要はありません。
また転職エージェントに媚びる必要も一切ありません。

 

しかし、経験を活かした転職であれば
自分で見つけられない求人との出会い、面接サポート、年収交渉、退職日調整など
転職エージェントを上手に使った方がチャンスが増え賢明だと考えます。

 

メガネ転職コンサル
よく思考停止で内情も知らず転職エージェント批判をしている人がいますが
転職エージェントを使った方が転職活動の幅が広がり求人の漏れを防げるので
上手に利用する事を強くおすすめします。

 

という事で今回は転職エージェントに嫌われる人の特徴
3つに厳選してお話をしてきたいと思います。
この記事を最後まで読んで頂ければこの様なメリットがあります。

この記事を読むメリット

  1. 転職エージェントに対してNGな言動を理解する事ができます
  2. 転職エージェントから良い求人、良いサポートを受けられるようになります
  3. あなたの良い転職、ハッピーな未来に繋がります

繰り返しますがせっかく転職エージェントを利用するなら上手に活用をしましょう。
ただし、転職エージェントは入社してもらわなければ利益ゼロなので
逆に転職エージェントから使われない様に注意をしなければなりません。
その点は過去の記事で詳しく語っているの下記記事もぜひご覧ください。

 

もしあなたが転職エージェント批判を間違った解釈をして
転職エージェントを利用しているならば
いくら無料といっても時間と労力を無駄にしてしまうので
意識を変えないと損をしますので注意です。

メガネ転職コンサル
大切なのは、転職エージェントを良いか悪いかの
ゼロか百かで捉えるのではなく
あなたに合う上手に利用する意識が大切です。
ぜひ最後までご覧ください。

外国人秘書(ジェシカ)
なんか転職エージェントって胡散臭いんだよね…

 この転職ブログは…

転職コンサルタント歴9年目、面談人数2000人以上、
担当企業300社以上、月間7万PVを越える転職情報サイトを運営し
独立をした僕が転職にまつわる
  1. 転職ノウハウ
  2. 職業、業界研究
  3. 面接対策
  4. 社会情勢から考える転職
  5. 転職に役立つ資格 など

 

様々な観点から転職に役立つ記事を書いている転職ブログです。

転職エージェントから嫌われる人の特徴①:極端にクレームが多い人

メガネ転職コンサル
転職エージェントから嫌われる人の特徴一つ目は…
極端にクレームが多い人です。

 

極端にクレームが多い人と言うのは…

  1. お客様意識が強く傍若無人な態度を取る人
  2. ちょっとした事で担当変更を依頼する人
  3. 担当変更を繰り返す人 など

この様な人です。

 

つまりクレーマー気質な人と言うのは
転職コンサルタントから嫌われ、担当をたらい回しにされ
ブラックリストに入れられてしまう可能性が高いということです。

 

メガネ転職コンサル
というのも転職エージェントは
紹介先に転職してもらわないと利益はありません。
ですので、なんとしてでも紹介先企業に転職をすすめます。

 

 

しかし、転職エージェントは入社後の事も考えなければなりません。
なぜなら紹介した人が転職後にすぐに辞めてしまったり、
入社後にトラブルを起こしてしまったりすると
紹介先のクライアントに大きな迷惑をかける事になってしまうからです。

重要POINT!!

もし迷惑をかけてしまった場合、クライアントからの評価は下がり
求人をもらえなくなってしまい、最悪取引停止になる可能性があります。
転職エージェントは紹介先のクライアントを失うのは
求人と言う商品がなくなり大きな損失になるので死守をしたいと考えます。

よって転職をしてもらって報酬を得たとしても
後々トラブルを起こす人を紹介するのはリスクが高く
長い目で見れば紹介しない方が得策なのでクレーム気質な危険要素が多い人は
嫌われて、ブラックリストに入れられてしまうという算段です。

 

ではどうすれば不満があった時にクレームを入れても
嫌われない様にサポートしてもらえるのか?
それは…感情的にならず論理的に依頼をしましょう。

 

メガネ転職コンサル
勘違いして欲しくないのが
転職エージェントにクレームを入れない方が良い
と言っている訳ではありません。

 

人間なので担当の転職コンサルタントと合う合わないの相性はあります。
事実、恥ずかしながら僕も担当変更を依頼されたことは数回あります。
無理に合わない担当コンサルタントと付き合う必要はありません。
むしろクレームや担当変更は強く気になる場合はするべきです。

 

しかし、そのクレームや担当変更を依頼をする時に
どれだけ感情的にならず、かつ論理的に依頼できるかが重要です。

例えば…

~担当変更依頼するとき~
担当の方は一生懸命やってくれていますが、ご志向が合わないので別の方に変えて頂く事は可能でしょうか?
~紹介求人に不満なとき~
私はこういう会社を志望しているので、希望が叶わない求人はお送りする必要はございません。
~求人紹介されないとき~
求人状況はその後いかがでしょうか?もし希望の求人が難しいのであればお教え頂ければ幸いです。

メガネ転職コンサル
この様に丁寧に依頼をすれば、あなたの望みは叶い、
転職エージェント側もあなたを嫌うことはありません。

 

基本的に転職エージェントは紹介先に転職して欲しいというのが
ビジネスの仕組み上、大前提としてあります。
ですので、入社してもらえそうな「いわば売上に繋がる決まる人材」であれば
多少目をつむってでも紹介したいのが本音です。

 

究極、どれだけ転職エージェントが登録者から
クレームを貰おうが、無下に扱われようが、人間的に癖が強かろうが
入社してもらえば転職エージェントにとっては売上になります。

 

メガネ転職コンサル
ですのでクレームを入れても
クレーマー気質で危険な人材と評価されなければ
基本的には問題ないので上手にクレームや依頼をしましょう

重要POINT!!

もし担当変更やクレームを入れても
改善の余地が見られない、何も状況が変わらないという事であれば
「ウチで決まる人材ではない」と評価されている可能性が高いので
発想を切り替えて、別のエージェントを利用する事を強くおすすめします。

 

以上の事から
転職エージェントから嫌われる人の特徴一つ目は…
極端にクレームが多い人となります。

転職エージェントから嫌われる人の特徴②:よく嘘をつく人

メガネ転職コンサル
転職エージェントから嫌われる人の特徴二つ目は…
よく嘘をつく人です。

 

転職エージェントとの関係でよく嘘をつく人というのは…

  1. 経歴詐称をしている疑いのある人
  2. 面談日や面接日をドタキャンする人
  3. 下手な駆け引きをしてきて話がコロコロ変わる人 など

この様な人です。

MEMO

よく嘘をつく人と言うのは、当然信頼されません。
信頼されない人と言うのは前章で説明をしたように
転職後のトラブルになるリスクがあります。
そしてクライアントに迷惑をかける可能性のある
危険人物と評されブラックリストに入れられてしまいます。

メガネ転職コンサル
また僕個人的にはよく噓をつく人と言うのは、
転職エージェントから嫌われる嫌われないという次元ではなく
一人の人間としてどうなのかと思います。

 

もちろん時には自分が有利にことが進められるように。
相手が傷つかないようにつく意味のある嘘もあると思います。
迷惑をかけない嘘であれば
ビジネスであればある程度「嘘も方便」になると僕は考えます。

 

しかし、経歴詐称をしたり、面接をドタキャンしたり、
期限までに返答しないなどの迷惑をかける嘘や信頼されない行動は
間違いなく嫌われます。ブラックリストに入れられます。

 

メガネ転職コンサル
はどうすれば嘘も迷惑をかけず、転職活動を有利にするために
転職エージェントにナめられず、上手に利用することができるか?
それは…自分の転職軸を持つことです
転職コンサルタント目線で考えて一番楽な登録者というのは自分を100%信頼し
自分の言ったことに素直に従ってくれる人です。
あえて伝わりやすい様に悪く言いますが…
こういう人は楽で売上に繋がりやすいタイプです。

 

しかし、自分を持っている人、転職軸が定まっている人というのは
転職エージェント目線で考えるとコントロールしづらいです。
ここもあえて悪い言い方をすれば…転職エージェント目線で見れば
自分の軸を持っている人は洗脳しづらいので売上として読みづらいのが本音です。

 

ですので、エージェントを利用する時には
洗脳しやすそうでできないポジションを目指すのが理想的です。

 

メガネ転職コンサル
そのための転職活動をする時には転職エージェントだけに相談するのではなく
セカンドオピニオン的、オブザーバー的な立場の
利害関係がない正しい知識を持った信頼できる人に相談するのが一番おススメです。

 

ぜひ嘘はつかず迷惑をかけずあなたの転職活動が有利に進められるように
転職エージェントを上手に利用しましょう。

 

以上の事から
転職エージェントから嫌われる人の特徴二つ目は…
よく嘘をつく人となります。

転職エージェントから嫌われる人の特徴③:身分不相応な希望を持っている人

メガネ転職コンサル
転職エージェントから嫌われる人の特徴三つ目は…
分不相応な希望を持っている人です。

 

分不相応な希望を持っている人と言うのは…

  1. 実績やスキルがないのに会社に求めるレベルが高い人
  2. 転職エージェントをどんな人でも転職させられると勘違いしている人
  3. 分不相応な希望をしていることを理解できていない人 など

この様な人です。

重要POINT!!

ハッキリ言いますが…ノースキルで実績がない人が
いきなりGAFAレベルの会社に転職することは非現実的です。
可能性はゼロではないですが、転職できる可能性は絶望的に低いです。

最近は転職エージェントがネットの発達により悪評が立つことを極度に恐れて
厳しい現実を伝えない、紹介できる求人が少ない本音を伝えないような流れにあります。

 

そして面談時には期待をさせておきながら
実際には求人紹介できていないエージェントが増えました。
その結果、現実を知らない分不相応な希望を持つ転職希望者が増加しました。

 

ですので、もしあなたの担当コンサルタントが
厳しい意見を言ってくれている場合悪評が立つリスクを背負ってあなたのために
あえて厳しい事を言ってくれている良い転職コンサルタントの可能性が高いです。

メガネ転職コンサル
ただ反面、単純に登録者を馬鹿にして憂さ晴らししている
低レベルな転職コンサルタントも事実いるので
その観点は忘れないでください。

 

では改めてなぜ分不相応な希望を持っている人は
転職コンサルタントに嫌われるのか?
理由は…決まらない人材だと判断されるからです。

 

分不相応な転職希望者は転職が決まる可能性が低いです。
つまり転職エージェント目線で見るとと売上になりません。

重要POINT!!
転職コンサルタントは日々ノルマに追われており
毎月死に物狂いで目標達成を目指しています。
そんな中、分不相応な希望を持っている決まらない人材に
時間を掛けても売上にならないので必然的に後回しにされます。
つまり転職コンサルタントは決まる人材を優先するということです。

転職エージェントは営利団体なため売上がなければ経営を継続できません。
そのため当然、売上を作らなければなりません。

メガネ転職コンサル
転職エージェントのお客さんは採用依頼する会社、商品は登録者です。
登録者の悩みを解決しても直接的な売上にはなりません。
登録者が紹介先に入社してもらってはじめて売上になります。

 

この本質を理解してもらえれば分かると思いますが分不相応な希望を持っている人、
正確には分不相応かつアドバイスをしても
考え方を変えられない人だと判断されてしまった場合
転職エージェントはあなたを決まらない人材だと判断しサポートをしてくれないといことです。

MEMO

また分不相応な希望を持っている人は転職エージェントではなく
公募の直接応募をした方が内定獲得の可能性は高まります。
なぜなら転職エージェント経由で採用した場合一人当たり100~150万掛かりますが
公募であれば広告費のみなので0~数十万に抑える事ができ採用ハードルを低くできるからです。

メガネ転職コンサル
これは分不相応という事でなく
未経験転職やチャレンジ応募をしている人は
絶対に理解した方がいい方法なので
ぜひ活用して内定獲得頑張りましょう。

 

以上の事から
転職エージェントから嫌われる人の特徴三つ目は…
分不相応な希望を持っている人となります。



僕が一番伝えたいこと…

はい、いかがでしょうか?
まずは復習をしていきましょう。

転職エージェントから嫌われる人の特徴3選

  1. 極端にクレームが多い人
  2. よく嘘をつく人
  3. 分不相応な希望を持っている人

今回はこの3つの特徴を紹介しました。

メガネ転職コンサル
ただ僕が一番伝えたいことは…
一つの転職エージェントに依存する事はないということです。

 

転職エージェントには大きく3つの区分があり
大手総合、中堅総合、特化型の3つがあります。

 

どの領域をとっても同じような転職エージェントは沢山あるので
合わなかったらどんどん切り替えていけば大丈夫です。
嫌われたり、ブラックリストに入れたかもしれないと思っても
また近い区分の転職エージェントに登録すれば良いだけです。

 

ただし、登録には時間と労力がかかるので
なるべく嫌われないように使い続ける方が効率的なので
今回は嫌われる人の特徴という事でお話をさせて頂きました。

 

メガネ転職コンサル
また転職エージェントに嫌われている様子はないけど
求人を紹介されない場合は…
あなたに合う求人を持っていないというシンプルな理由だけです。

 

この様な場合には別の転職エージェントを利用する、
もしくは公募で転職活動を進めればいいだけなので
切り替えてどんどんと行動して、
一緒に転職で未来をハッピーにしていきましょう。

 

メガネ転職コンサル
ぜひ参考にしてみてください。
下記記事も参考になると思いますので
宜しければご覧ください。
僕への転職相談(有料)はコチラ

僕が運営するオンラインサロンはコチラ
僕がおすすめする大手転職エージェントはコチラ
僕がおすすめする第二新卒向け転職エージェントはコチラ

僕が運営をするオンラインサロン

おすすめの記事