おススメ記事
転職回数が多い人が面接で好印象に映る方法

こんにちは!
あなたの転職回数は何回ですか?
日本では転職回数によっては
不利になるケースが残念ながらまだまだ有ります。

 

そんな時どのように
転職回数について
話をするか?
どのように伝えれば好印象に映るか?
という点が内定が出るかという意味で
非常に重要です!

 

という事で今回は…
転職回数が多い人が好印象に映る方法というテーマで
お話をしていきたいと思います!

 

こちらの記事では
①転職回数が多い人
②面接通過が中々できない人
③退職理由を上手に伝えられない人
に役立つ内容となっています。

 

是非参考にしてみてください!

外国人秘書
ヨロシクタノムゾ!

 

転職回数の基準

感じ方はそれぞれですが
僕の感覚で言うと…
・20代で現在3社目
・35歳までで現在5社目
・35歳から45歳までで6社目
こちらに当てはまる人は転職回数が多いと判断される可能性が高いです!

 

 

特に日本では転職=逃げみたいな感覚が残っています。
欧米系では転職回数が多い人は
【チャレンジングな人・キャリアを真剣に考えてきた人】
というように映りますが
日本では
【忍耐力がない・仕事が続かない・仕事ができない】
というような判断をされるケースがまだまだ現実多く残っています。

 

だからこそ転職をするときに
転職回数が多い人はどのように伝えるかが非常に重要になります!

 

経歴によっては転職回数が多いとことが
プラスに作用することも十分ありえますので
まずはこの認識を持ちましょう!

 

転職回数が多いことがプラスになる人

 

例えば29歳で現在3社目の営業の人がいるとします。
3社が全て営業だった場合…
営業として3社経験し
応募先も営業だとすると
企業としてはいろんな会社で営業経験があるというのは
プロフェッショナルに映るため好印象に見える可能性が高いです。
(もちろん実績アピールも必要です)

 

これは同職種経験でなくても
同業界経験でも同じ話です。

 

もちろん一社一社での転職理由によっても変わりますが
あなたがもし
こちらの条件に当てはまっているのであれば
自信を持って話をしてください!

 

たとえ経歴が短い会社があったとしても
何かしらの一貫性・信念・考えを持っていると
聞いてる側からすれば腹落ちできます。

 

大切なのは相手が共感できる理由を伝えることです!

 

転職回数が多いことがマイナスになる人

ジョブホッパー・1社1社の経歴が極端に短い人はマイナスに映ります!

外国人秘書
ソウナノカ!

先ほどお伝えした例と同じ
29歳で現在3社目の人がいるとします。
経験してきた3社全てが
異業界・異職種だった場合…
転職回数が多いと判断されてしまい
マイナスに映る可能性が高いです。

 

そんな方は面接で転職回数を聞かれた時には
どう答えるか?
この5つのポイントを意識して伝えてください!

 

①現状を認める
②他責にしない
③自分なりの信念や考え方を持って転職したきた
④一貫性を無理のない範囲で持たせる
⑤弁明や言い訳がましくならないように意識して伝える

 

こちらの5つを意識して伝えてください。
経歴によっては5つ全てを
当てはめることが難しい方も
いると思います。

 

その場合はできるだけで多くのポイントが
当てはまる様に伝えてください!

 

また自分の中では正しいと思っていても
受け取り側・企業側が
共感できない場合も
ありますので
客観性を持って話を作ってみてください。

 

なかなか自分だけでは判断がつかない場合は
本音で答えてくれる友達や家族に
今までの転職理由を話しをしてみてください

 

共感してもらえた場合は問題ありませんが
共感してもらえなかった場合はこの点については
熟考してください。

 

もし今までの経歴からそれが難しい場合
①現状を認める
②他責にしない
この2点を意識した上で
応募企業でどう頑張っていきたいのか?
どう貢献できるかという点を
出来る限り明確に伝えましょう。

 

書類選考を通過できなかった場合は
諦めるしかありません。
しかしもし面接してもらえた場合は
転職回数が多かったとしても
転職回数が多いというデメリットを越えて
あなたに何かを期待しているはずなのです!

 

つまり転職回数の多さを払拭できるかで
内定が出るか出ないかを
大きく変えていける可能性があるということです!

 

これは面接全般に言えることですが
企業があなたに何を期待しているかを考え
その期待に応えられる・期待させる発言が出来れば
内定は必ず出ます。

 

自分を客観的に見ることは非常に難しいですが
出来る限りのイメージを繰り返し行い
面接での受け答えの参考にしてみてください。

 

僕が一番伝えたい事…

いかがでしたでしょうか?
もしあなたが転職回数が多かった場合
是非参考にして内定獲得できるよう頑張って欲しいです。

 

面接まで行って
転職回数が多いことへの納得理解を得られれば
内定獲得に間違いなく近づけるはずです。

 

もちろん転職回数の多さを
払拭させただけでは内定は出ませんが
転職回数が多い人は
マイナスに映るリスクが高いので
そのリスクを潰すことも重要です!

 

是非当てはまる方は
意識して面接に取り組んでいただければと思います!

 

おすすめの記事