おススメ記事
辞めてから転職活動しても良いのか?(メリット・デメリット)

メガネ転職コンサル
こんにちは!
メガネ転職コンサルの池田です!

 

今回は仕事を辞めてから転職活動しても良いのか?
というテーマでお話をしていきたいと思います。

 

 

あなたは転職活動をしていて
中々時間が取れずに
・面接の候補日が中々出せない
・面接対策の時間が作れない
・エージェントに登録するだけで時間が過ぎてしまった など
こんな経験ありませんか?

 

こんな時によく思うのが…
【いっそのこと転職活動に専念する為に先に退職してしまおう!】
なんて考えますよね?

 

 

今回はこの「仕事を辞めてから転職活動しても良いのか?」
というテーマから
考え方やメリットデメリット、
辞めてから転職活動してもいい人の特徴
など
この点について深堀してお話をしていきます。

 

 

この記事が参考になる人
・これから転職活動をする人
・転職活動に専念する為退職をしようと考えている人
・退職してから転職活動をしている人 

この様な人に役立つ内容となっています!

メガネ転職コンサル
色んな考え方があるけど…
メリットデメリットがあります!

外国人秘書
辞めてから転職活動する方が楽だけどなー

 

仕事を辞めてから転職活動しても良いのか?

結論、仕事を辞めてから転職活動するのは…
おススメしないです!

 

 

冒頭にも話をした通り
確かに退職をしてから
転職活動をする方が時間は作れます。

 

ですが辞めてからの転職活動をする方が
リスクが高いです。

 

具体的にどんなリスクやデメリットがあるか?
4つに分けて話します。

 

1.面接で不利になります

一般的には次が決まってから転職活動する人の方が多いです。
ですので企業側視点で見た場合
先に退職をした人というのは…

・パフォーマンスが悪く解雇になったのか?
・トラブルを起こして急遽退職したのか?
・計画性が無い人なのか?

この様にどうしてもネガティブに映ってしまいます。

2.離職期間が長引くと不利になります

退職をしてから転職活動しても中々決まらない事もあります。
1ヶ月や2ヶ月位の離職期間であれば大したことありません。

しかし半年間位の離職期間が有る場合…
・この人はどこにも採用されない能力が低い人なのでは?
・何か人物面で問題のある人なのではないか?

この様に離職期間が長引けば長引くほどネガティブに映ってしまいます。

3.焦って希望していない会社に転職してしまう

離職期間が長引いてくると
貯金が減っていき経済的に不安になってきます。
そうなると必ずだんだん焦ってきます。

初めはこだわって転職活動をしていたのに
生活費がなくなってくると・・・
・希望していない仕事に転職して後で後悔する
・ブラック企業の内定を受けてしまう など

当初の転職の目標とはかけ離れた転職をしてしまう
というのは割とあるあるな話です。

4.経歴に傷がつく

離職期間が長引けば当然経歴に傷がつきます。

今回の転職で離職期間が長引く場合は
当然上記で挙げた3つのデメリットが有りますが
次の次に転職活動をした時にも長い離職期間は不利になる可能性が有ります。
これがいわゆる経歴に傷がつくという事です。

 

主にこの4つのリスク・デメリットから
仕事を辞めてから転職するのはおススメしません!

辞めてから転職しないほうが良い人の特徴
・35歳以上の人
・家族を持っている人
・経験を活かさない転職を考えている人

メガネ転職コンサル
この3つのいづれかに当てはまる人は
特に先に辞めるのはおススメしません

 

仕事辞めてから転職活動をする場合

辞めてから転職活動をした場合のメリットもあります!

 

その前にまず大前提として。
現職が忙し過ぎて転職活動ができないんですが
どうしたらいいですか?という相談をよく受けますが…

 

これは現職を辞めるしか方法はありません。

 

なんだよ!
さっき離職してからの転職は
おススメしないって言ってたくせに無責任だろ!
と思われるかもしれませんが…

 

シンプルに…
忙しくて時間が無ければ面接に行けないので転職できません。
これはどうしようもありません。

 

この様な多忙で転職できない人の場合は
この2択になります。

① 転職活動の時間が無いので今の仕事を続けていく
② リスク覚悟で退職をして転職活動を行う

このどちらかを選択しなければなりません。

 

ただモノは考えようです!
離職してからのメリットも当然あります。
大きく分けて3つあるので順番にお伝えします。

1.求人を多く吟味できる

時間があるので多くの求人を吟味する事ができ
理想の転職先が見つかりやすくなります。

2.面接対策に時間を掛けられる

面接対策に時間を掛けられるので
1社1社の内定獲得の確率を上げられます。

3.転職エージェントへ複数登録できる

複数の転職エージェントを利用する事で
自分では見つけられない求人との出会いが多く有り
アドバイスを多くもらえ転職しやすくなります。

 

時間が取れる人であれば
在職中でも上記全てできるかと思いますが
退職してから転職活動をする場合
この3つのメリットがあります。

 

 

辞めてから転職しても良い人の特徴
・30歳以下の人
・独身の人
・貯金がある人
・経験を活かした転職を考えている人

メガネ転職コンサル
こちらに当てはまる人は先に辞めてもおそらく大丈夫です!

僕が一番伝えたい事…

いかでしたでしょうか?
まずは復習をしていきましょう!

 

仕事を辞めてから転職活動したほうが良いのか?
①リスクが多いので出来れば次の転職先を見つけてから転職をしましょう
②仕事を辞めてから転職活動した場合メリットも有ります。

今回はこの2点について話しました。

 

今回は先に辞めた場合のメリット・デメリット、
先に仕事を辞めてもいい人の特徴など色々話をしてきましたが
正直こんなことはあくまで傾向の話です。

 

 

 

究極はあなたの覚悟の問題です。

 

 

覚悟を持って本気で
求人サーチ・職務経歴書作成・面接対策・企業研究・エージェント登録・転職相談など
転職活動を本気で行えば
必ずあなたにとって良い転職はできます。

 

もちろん中には…
学歴が無い人、経歴が綺麗じゃない人、実績が無い人もいると思います。
この様な人であっても
その人その人が今の仕事では叶えれれない
あなたにとっての相性の良い企業に転職することは必ずできます。

 

 

仕事を辞めてから転職活動したほうが良いか?
というテーマではありますが
そこ以前にこの本質をいち早く理解して
出来るだけ早く多く行動してみてください。

 

 

必ず転職で未来は変えられます!
頑張っていきましょう。

 

お疲れ様でした!
あなたにとって良い転職に繋がりますように。

おすすめの記事